二宮尊徳 報徳の話

二宮尊徳の話を聞いた。感動したので要約を書きます。 今から200年程前、神奈川で生まれ、北関東で活動し600以上の荒れ果てた村を再建した。銅像で有名であるが、大切なのが槇と踏み出した足。最後は本を捨てて実践の人だった。 当時は江戸のバブルが崩壊した時代で、自然災害が多発し、栄華を極めた人々にとって不遇の時代。…
コメント:0

続きを読むread more