林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の旅 その3 羽幌高校ラグビー寺子屋

<<   作成日時 : 2012/09/05 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

網走から汽車で4時間、深川駅へ着きました。

画像

深川駅まで羽幌高校の加藤先生が車で迎えに来てくれました。駅から西に約1時間走ると日本海側に出ました。そこから進路を北へ取り海岸線を走る事約1時間、羽幌に着きました。ホテルにチェックインしてのんびりしていると、羽幌高校ラグビー部の佐々木監督が迎えに来てくれました。

画像

佐々木監督とは何年か前に札幌でラグビー寺子屋を行った時に出会いました。その時に日本最北端の羽幌高校ラグビー部でもラグビー寺子屋をしたいと言う話をもらっていましたので、今回北見の合宿からの羽幌行きを計画しました。元々は炭鉱町だったとのことで以前は汽車が走ってましたが、今は車でしか移動手段がありません。海沿いの道は冬場は波が荒くて泡が立ち道路は泡だらけになるのだそうです。

画像

羽幌高校はこの日まで札幌山手高校と合同合宿をやっていて、5時間の距離をバスを運転し帰ってきたのだそうです。先生方はご自分でバスを運転し、3時間〜5時間の移動は当たり前のように、対外試合や練習に出かけているのだそうです。羽幌の街の夕暮れです。砂浜は海に太陽が沈んでいくのでサンセットビーチと呼ばれているのだそうです。

画像

佐々木先生にラグビーのOBがやっている寿司屋に連れて行ってもらういました。野球部の監督と合流し3人で食事しました。

画像

翌朝は9時から練習しました。羽幌高校ラグビー部は全校生徒180人の内、男子生徒が100人で、その内ラグビー部員が24人なのだそうです。

画像

午前練習は芦別高校ラグビー部と合同で練習しました。芦別も3時間かかってバスで走ってきたのだそうです。この日はスクラム、ラインアウトからのモール、アタックディフェンス、ラック等の練習をしました。

画像

最後に練習試合をしましたが、ディフェンスに関してはポジションニングを意識する事によりずいぶん結果が違ってきました。ラグビーは相手のやってくる事にどう対処していくかが大切です。相手の戦法を封じ込め、こちらの流れに持っていく、その場その場の新しい出来事に対して対処していく力が要求されます。そういう意味でも上手くなるには時間がかかるスポーツです。

画像

昼食を食べ佐々木先生が町を案内してくれました。港にかもめがいました。売っていた餌をやったらわんさか集まってきました。放り投げると空中でうまくキャッチします。

画像

午後は視聴覚室でワークショップをやりました。

画像

まず私自身のラグビー体験について語り、その後で一人ひとりに自らのラグビー体験を振り返ってもらいました。

画像

昨年遠軽ラグビー部に負けた話をさせて悔しさを引き出すと、涙が目から溢れてきました。皆で手を握り合うと見んなの目にも涙が溢れました。

画像

湧き上がる思いが力を作ります。思いを共有するところからしか力は湧いてきません。試合での活躍を期待したいと思います。

画像

翌日の20日、この日からから始業式ということでしたが、佐々木先生が深川まで車で送ってくれました。この日は雨がぱらつき秋を感じさせる気候でした。深川から電車で札幌へ、札幌で東進共同水産株式会社の江場社長に会いました。江場社長は魚を扱う店を40数店舗経営、最近オープンした真心庵に連れて行ってもらいました。

画像

江場さんと別れ千歳空港から飛行機に乗り神戸空港まで帰ってきました。空港からはポートライナーで三宮へ、見慣れた風景が待っていました。6日間の北海道の旅でした。


NPOヒーローズは大型ミラー、大型三面鏡のネットショップを立ち上げました。収益はヒーローズの活動で、将来世代の育成の為に使わせていただきます。皆さんご来店下さいませ。
http://mirror.shop-pro.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の旅 その3 羽幌高校ラグビー寺子屋 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる