林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学ラグビー

<<   作成日時 : 2012/01/14 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大学ラグビーは帝京の3連覇で幕を閉じました。

今回は早慶明がベスト4から姿を消した学生選手権でした。筑波・関東学院の頑張りはありましたが、少し寂しい気もしました。

帝京ー天理の決勝戦は、ヒーローズカップの代表者会議と重なり、後半20分過ぎまでしか見れませんでした。前日に八橋コーチと電話し、大きく筋肉をつけた帝京の選手はスピードに劣る、同志社があれだけやれたのだからチャンスだよと話しました。関西人としては天理に勝ってほしいと言う思いがあったのですが・・。

大きな帝京のフォワードに対し、天理はよくディフェンスしたと思います。帝京は力の強いフォワード戦にこだわりましたが、前半に見せた展開プレーにも威力があっただけに、後半フォワード戦に固執したのが残念でした。

強いところでしっかり勝つ事は大切ですが、日本ラグビーの発展という視点で考えた時には、世界に対して戦う方向性ではない様に思います。一ラグビーファンとしての発言ですが、FW、BKが絡み合う、ボールが動く総合力のラグビーを見せて欲しいものです(岩出さんとは遠征でもご一緒し大好きなのですが・・)。逆にそれだけに天理に勝機があったのかも知れませんが、残念ながら勝ちきれませんでした。

同志社ー帝京の試合は、ロシナンテスとのOB戦、スティーラーズの観戦イベントがあった為応援には行けませんでした。結果速報を聞き、後でテレビで見ましたが、同志社は帝京に対しいい試合をしたと思います。昨年の成績を考え、天理線の結果を考えると大健闘だと思います。

試合後宮本監督と話した時「勝ったと思いましたけどね!勝てると思ってたのは僕らだけ違いますか?」と言っていました。申し訳ないのですが、OBの私も勝てないだろうと思っていました。勝てると信じた宮本監督と選手達の頑張りをうれしく思うと共に、次のシーズンに期待したいと思います。

トップリーグも佳境に入り、日本選手権も控えていますが、これからはなんと言ってもヒーローズカップですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学ラグビー 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる