林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一期一会による直心の交わり

<<   作成日時 : 2011/07/03 09:54   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

95回目の感性フォーラムが無事終了しました。

感性フォーラムとは、エンカウンターグループと言われる出会いの研修ですが、自分自身を内観し、本来的な自己に出会い、共に泣き、共に笑い、今回も一期一会による直心の交わりをすることができました。

実は私も23年前のラグビーの現役時代に、行徳哲男先生が行うエンカウンターグループを体験しました。ラグビーを通して体験していた暗黙知を、言葉としてわかりやすく理解させてもらい、更により深めることができたと感じました。体験と理論がくっついたということでしょうか?より強くなった様な気がしました。

そんなご縁もあり、ラグビーの現役を引退した時、今からの人生で何をしようかと考えた時に、グラウンドで体験した様な湧き上がるものを伝えて行きたいと思い、教育の道を志し、湧き上がる元である、あるいは私を私たらしめているといっても良い、感性の開発をテーマに活動して来ました。

実は意外と感性フォーラムの話はブログにも書いてきませんでしたし、盛和塾やその他の勉強会などでも話する事が少なかったように思います。しかしながらNPOヒーローズをはじめ、実は私の活動のベースになっています。

私はラグビーに浸りきる事により、とめどなく涙が溢れる瞬間を体験させてもらいました。とめどなく涙が溢れた時、紛れもない私がいました。作れない飾れない「真実の瞬間」がありました。

この私が私で生きることは、ある意味当たり前の様ですが、ところが実は難しく、本当は一番大切なのですが、中々実践できないものです。人間にとって最高の状態はとらわれざる心だと言われますが、あるがままに生きていけたら自由自在になれます。

先日曹洞宗の元管長、板橋興宗禅師にお目にかかりましたが、本当にあるがままに、とらわれずに生きておられるなと感じました。行いを重視する生き方こそ人間を幸福にすると話していただきましたが、禅師の場合は毎日禅の修業をすることにより、あるがままになられたのだなと思いました。

私自身が体験した湧き上がるものの先に人間としてのの生き様があると、行徳先生に師事し、ラグビーでの体験に加えて、禅、東洋哲学、内観法、行動科学等色々と学んできました。(私は大自然や人知を超えるものを信じていますが、特に一つの宗派に属しているわけではありません)

参加してくれた人たちに真実の瞬間を体験してもらい、生きるとは?、人間とは?、を探求してもらうためのフォーラムですから、私自身が本物でないといけないと、ある意味命がけで研修をしています。

感性フォーラムを立ち上げ、十数年が過ぎました。95回目のフォーラムを終え、今回も参加していただいた皆さん達と、共に泣き、共に笑い、一期一会による直心の交わりをできた事を嬉しく思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一期一会による直心の交わり 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる