林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 四條畷学園6年一貫コースにて講話

<<   作成日時 : 2011/06/28 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

四条畷学園の中高一貫コース、の中学生1、2年生を対象に講演をしました。

画像

一環コースができてからまだ2年目のために、コースにはまだ中学生の1、2年生しかいません。約70名の生徒達に、先生方やご父兄も来られ、100人余りの人が話を聞きに来てくれて視聴覚室は満員でした。

画像

四条畷学園はもうすぐ創立80周年を迎えるんだそうですが、今回の講演は創業者の家系で、盛和塾生でもある牧田先生からの依頼でした。牧田先生とはラグビーの友人つながりでもあって、結構一緒に飲んだりしていましたが、それが盛和塾大阪で久しぶりの再会でした。

画像

昨年のヒーローズカップでは、四条畷学園小学校のタグラグビーチームから試合をしたいという依頼をうけ、昼食の休み時間に各スクールにコンバインドチームを作ってもらい、ラグビーの試合を体験してもらいました。

画像

学外の社会人に学ぼうと、いろんな方を呼んで職業講話をしてもらっているのだそうです。スポーツ関係ははじめてだったみたいで、約1時間半の講演と30分の質疑応答、子供達は集中して話しを聴いてくれました。

画像

最近テーマとして話しているのは、力は頭から湧いて来るのではなく感動から生まれる言う事です。感動(ときめきやうずき)を失ったら人間は力を失ってしまいます。ありがたさが見えなくなって、当たり前だと思って原点を忘れてしまうと感動できなくなり、力を失ってしまうのです。この度の大震災や、16年前の神戸の震災を振り返って思うことは、当たり前の様な日常生活の有難さです。有難さを感じる感性が大切ですね。

画像

それから、ONE FOR ALL ALL FOR ONEと言うラグビー精神の大切さです。今まさにそういった心をはぐくまないといけないとそんな話しをしています。

画像

講演の後でスクラムを組んでみたいと言う子供達がいたので、1対1の組み方を教えてあげました。前に出てくるだけあって、結構皆強かったです。

画像

話の後先生方と昼食を取り、ラグビーや教育、色々な話に花が咲きました。
ヒーローズは皆がそれぞれの人生のヒーローになるのを支援しよう、ラグビー精神による共育をしようと立ち上げたNPOです。
ラグビーで体験した事、あるいは研修の実施を通して学んだ事を、魂の叫びにして発信し続けなければと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四條畷学園6年一貫コースにて講話 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる