林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 行徳先生 BE研修40周年

<<   作成日時 : 2011/06/24 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

行徳先生のBE40周年パーティーが行われました。

私がBE研修を受けたのは平成元年、もう23年も前のことになります。BEとは、BASICK ENCOUNTERの略で、本来的な自己との出会いの研修とでも言えるのでしょうか。
行徳先生には、随所作主、喜怒哀楽、前後裁断等色んな事を教えていただきました。まさにラグビーのグラウンドで体験していた暗黙知を言葉としてもわかりやすく理解させてもらい、更に深めて頂いたような気がしました。
そんな出会いがご縁で私自身も教育の仕事をすることになりました。未見の我(本来的な自己)との出会いをし、湧き上がる感動体験(真実の瞬間)を共有するBEの様な研修をしたいと思い、先生のかばん持ちをして勉強し、感性フォーラムを立ち上げ続けて来ました。またラグビー精神による共育もしたいとラグビー寺子屋を始め、NPOヒーローズも立ち上げ活動してきました。
グラウンドの中や研修室の中には、ある意味での修羅場があります。しかし必死にならなければ乗り越えられない修羅場こそが生きていることが鮮烈な瞬間で、実は極楽なのではないかと思います。そういう意味では何にも無くぼんやりしているのこそが、本当は地獄なのかもしれません。
行徳先生はある意味で過激な言葉を吐き続けてきました。攻撃的であるし、マイペースだし、反発心があるし、嫉妬深くもあります。しかし本当に人間くさくて優しくて人を引き付けます。
劣等感の中から、なにくそと言う気持ちが芽生えてきたと仰る先生ですが、いつだって随所作主で行徳哲男そのものを生きてきた生き様こそが素晴らしいと思います。
そんな中で多くの経営者や政治家、スポーツ選手等、さまざまな人が教えを受けてきました。先生と受講生の情の通い合いは本当に素晴らしく、たくさんの人たちの人生にとって貴重な体験だったのではないでしょうか。
私もご縁を頂き、親しくしていただき、ラグビーの現役を離れてからは弟子として約3年間、ある意味で息子のように可愛がって頂きました。
守破離と言われますが、ある時期から先生の教えを破らなければいけないと思い、意識的に先生と距離をおくようになりましたが、残念ながらいまだに離の境地には至れていないのかも知れません。
40年という長い期間、一つ事を極め続けてきた先生の素晴らしさを感じました。私もラグビーや研修の体験から学んだ「魂の叫び」を続けていかなければと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行徳先生 BE研修40周年 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる