林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 釜石デー 松尾雄治さんとのトーク

<<   作成日時 : 2011/05/05 07:52   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

イベント4日目は釜石デー、松尾雄治さん、高橋善幸さんが来てくれました。

画像

釜石は私が同志社、神戸製鋼で目標にしたチームです。7連覇をしたかつての釜石は、強力なフォワードに切れ味の鋭いバックス、正確なキック、まさに勝ち方を熟知したチームでした。

画像

その釜石の象徴的な存在が松尾さんでした。今回の震災支援イベントを行うにあたり、必ず釜石デーをもうけたいと思っていました。イベントの趣旨をお話したところ、快く松尾さん、そして高橋さんが来てくれました。

画像

まず今回のイベントと釜石デーの趣旨を説明し、早速松尾さんにご登場頂きました。

画像

松尾さんとは、釜石としてだけではなく、全日本のメンバーとして共に戦いました。

画像

話は1983年のウエールズ遠征から始まり、今の日本代表の事、学生ラグビーについて、そして釜石と神戸製鋼にの事そしてラグビーとは、等など多岐にわたりました。

画像

さすがにメディアで見ない日がなかったほどの松尾さんです、トークの切れは現役時代のプレーそのままです。テンポの良い話で観客の笑いを引き出します。

画像

私は思いの3割くらいしかお話できませんでしたが、来られた方々には楽しんでいただけたのではないでしょうか。

画像

トークの最後に、釜石シーウエーブスの高橋善幸GMにもお話頂きました。新日鉄釜石は釜石シーウエーブスと言う市民やファンが支えるチームになりましたが、今回釜石の皆さんが震災にあいました。そんな中でチームの存続、運営の為に懸命に活動しています。

画像

微力ながらヒーローズも応援したいと思っています。この日頂いた寄付及び今回のイベントで頂いた義援金の一部は釜石シーウエーブスに寄付したいと思っています。

画像

1時間強のトークが終わり、一緒にイベントをやっている作家の尾中さんに話しをしてもらいました。ラグビーの絵や記念品に囲まれてのトークは、ラグビーの話をする舞台としては最高ではないかと思います。月間ゴルフダイジェストの表紙を15年間書き続けている尾中さんが、素晴らしい空間を作ってくれました。
ちなみに尾中さんの書いた絵を本人が持っているのは世界で3人で、私とタイガーウッズとガルシアだけなのだそうです。ただ石川遼の事務所からオファーがあり、近いうちに贈与式を行おうという話が進んでいるのだそうです。

画像

次いでもう1人のヒーローズの仲間、大元よしきさんにも話してもらいました。彼も作家ですが、石塚さんの事を書いた「1万回の体当たり」やラグビーを通じて人間教育を行う宣誓と生徒の物語、「一緒に見上げた空」や「命のバトン」などの本も書いています。

画像

石塚さんとの思い出、エピソードを熱く語り、ONE FOR ALL ALL FOR ONEについて話てくれました。そんなご縁もあり、今回石塚さんの遺族の方から、「本人が生きていたら震災の為に何かしたと思うから、ネクタイをチャリティーで売って義援金にしてください」と石塚さんが大事にしていた額縁入りの記念ネクタイを預かりました。

画像

私も持っていないネクタイも入っています。石塚さんとラグビーが好きな価値のわかる人に持ってもらえたらいいなと思っています。現在オークション開催中です。

画像

最後はヒーローズの深尾事務局長よりご案内頂き、お昼のイベントを終了しました。

画像

夕方は皆さんのリクエストもあり、1983年のウエールズ戦の観戦会となりました。ビールを飲みながら試合を観戦し、その後がんこ寿司に行って懇親を深めました。

イベントも中日を過ぎました。今日はトップリーグのCOO稲垣さんとのトークです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釜石デー 松尾雄治さんとのトーク 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる