林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀座イベント最終日 ノーサイドデー

<<   作成日時 : 2011/05/09 01:45   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

早いもので銀座のイベントも最終日がやってきました。

画像

7日間泊まった浅草の宿を引き払わないといけません。安い宿を探そうとネットであれこれ調べましたが、浅草のゲストハウス、震災支援価格で、何と4人で一泊6千円を見つけました。8人部屋の2段ベッドでしたが、学生時代の寮生活を思い出し楽しい時間でした。フランス人の旅行者や、もう何ヶ月も泊まってそうな自炊をしている叔父さんなんかも一緒の部屋に泊まっていました。

画像

歩いて5分ほどにある浅草温泉は朝6時から夕方6時までで、良い感じにひなびた銭湯でした。浴室に入るといきなりひげの長いおじいちゃんが寝ていて驚きましたが、これも庶民的で良かったです。入浴料金700円は少し高いなと感じました。
浅草の飲み屋街も雰囲気があリましたが、ホッピー通りは観光化されていて、アルバイトの若手の対応もイマイチで、一見のお客には冷たく感じました。あまり観光化されると良くない様ですね、大阪の街の方が人情味を感じます。
馴染んだサクラホステルのチェックアウトを済ませ、車でギャラリーへ向いました。3時にイベントが終了したら荷物を積に込んでんで神戸まで走らないといけません。

画像

最終日もいろんな方が顔を出してくれました。トークショーの合間を無って、写真コンテストに入賞された方の表彰式も行いました。

画像

5人の審査員で厳正に選ばせてもらい、応募いただいた方々に連絡をさせていただきました。会場に来れる方には足を運んでいただき、それぞれに記念品の贈呈をさせていただきました。

画像

グランプリを取られたのは覚来さんで、何枚か送っていただいたそれぞれの写真の評価が高く、審査の結果タックルバッグに当たりながらボールを渡している小さな女の子と男の子の写真が選ばれました。グランプリを取って、「こんなにうれしい事はなかった」というほどに喜んでいただきました。

画像


画像

たくさんの方にご応募頂き、作品はそれぞれに素晴らしかったのですが、その中で優秀作品、入選作品、佳作作品を選ばせていただきました。

画像

この日も13時から村上晃一さんとトークをさせてもらいました。昨日はジャパンの話が少なかったので、今日はジャパンの話をしようということで、桜のエンブレムのついたブレザーを着る事にしました。村上さんは上手く話を引き出してくれるので本当に話しやすいです。

画像

ジャパンでのエピソード、心の持ち方、試合への臨み方などの話をし、ONE FOR ALL ALL FOR ONEのラグビー精神の話し、そしてノーサイドの話をしました。その後アートディレクターの尾中さんに話しをしてもらい、次いで大元さんに石塚さんの話しをしてもらい、石塚さんのご遺族から預かったネクタイのオークションをしました。

画像

ご遺族の方から震災支援に役立てて欲しいと、大元さんを通じ石塚さんのネクタイがやってきましたが、私としてはヒーローズに託されたものだとと思い、どうすれば一番石塚さんに喜んでもらえるかと色々と考えました。
石塚さんのネクタイと、尾中さんの書いた石塚さんの絵と、大元さんの本とは本当は一緒にあるべきだと思い、またオークションをしてもしかるべき値段がつかなかったらどうしようかとも思い、一時はいくらかのお金を義援金に出してヒーローズが譲り受けようかとも考えたのですが、欲しいと言う人が現れ、欲しい人がいるかぎりは閉鎖してしまっては私利私欲になるとやっぱり公開のオークションをすることにしました。

画像

最終日を前にONE FOR ALL ALL FOR ONEとは何なのか、ヒーローズとしてネクタイをどうするべきかと色々と考えさせられました。残念ながらNPOは運営的に余裕があるわけではなく、今回のイベントも完全に持ち出しのイベントで、石塚さんのネクタイを持っておくべきだろうとは思いながらも、ある程度以上の金額になればヒーローズはそれにお金をかけるべきではないと考えました。

画像

結果的にはかねてから石塚さんのファンであったという方が、25万でネクタイを落札しました。ところがネクタイの取り扱いについては大元さんに任せるという事で、結局NPOヒーローズが責任を持ってお預かりして展示をし、イベント等に持って行っては石塚さんの事を語り続けることになりました。石塚さんは私にとっても、元々はラグビー雑誌の中の人でした。タックルマン石塚に憧れ、それが一緒に試合するようになり、イギリスつながりでもご縁ができました。ネクタイを託され、ご寄付をされた方の思いに心を打たれると共に、夏のイベントでトークをお願いしながらも直前に亡くなられてしまいそれも実現しなかった石塚さんとの不思議なご縁を感じました。

画像

給与私がイベントで着ていたクラシックスティーラーズの赤いジャージもオークションしようと思いつき、オークションにかけましたが、少年が1000円と叫んだのでそれにて決定となりました。説明が不十分でしたが、スティーラーズの4番ジャージはかつてのプレーヤー何人かは持っていますが、7連覇を記念して作ったクラシックスティーラーズの4番ジャージは私の1枚しかないので、どうか大切にして欲しいと思います。

画像

そうこうしているうちに3時になりました。今回のイベントの締めの挨拶をし、関ってくれた方々への感謝を述べ、イベントを終了しました。

画像

しばし懇談をしたり、Tシャツを買っていただいたり、サインをしたりしていましたが、人も少なくなり残っていた方たちと集合写真を撮りました。

画像

その後スタッフで記念撮影をし、機材の撤収、車への積み込みを行いました。5時過ぎには積み込みも終わり、レンタル業者の機材の引取りを終え、東京をたち一路神戸へ帰りました。

おかげ様で今回のイベントも無事に終えることができました。不思議なほどにうまく行った事もあり、何か大きな力が後押ししてくれたようなそんな感じがしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀座イベント最終日 ノーサイドデー 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる