林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古島の魅力

<<   作成日時 : 2010/10/16 00:59   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

宮古島はとっても魅力的で、楽しい時間を過ごしました。

画像

今回一緒に行ったスポーツイラストレータの尾中さん(神戸在住)は、宮古島のクラブチームにも所属し、試合にもよく出場しています。

画像

今年5回目の宮古島との事ですが、実は宮古島に住みたいと移住計画を立てているそうで、今回の寺子屋も尾中さんのご縁でした。

画像

10日のワークショップの後で、クラブチームのメンバーや、高校生のご父兄が集まって懇親会を開いてくれました。会場は2年前にも行った見覚えのある居酒屋、たしか四季菜々です。

画像

宮古島にはお通りを回すという習慣があります。飲む時には、1人ずつが口上を述べ、1杯杯をあげます。そして泡盛をついでは一人ひとりに飲んでもらい、全員を回ります。皆の口上が楽しくて、皆に注目が集まるので楽しい習慣ではありますが酒量は増えます。

画像

毎晩沖縄料理を堪能し、居酒屋やバーをはしごしました。結構色んなところ出身の人が居たり、突然ラガーが出現したり、結構飲み食いした3泊4日でした。何と体重が4キロ近くも増えてしまいました。

画像

宿舎は町の近くのゲストハウス風屋(ふうや)に泊まりました。尾中さんの行きつけの宿で、BB(ベッド&ブレックファースト)かユースホステルという感じでしょうか。
宿のご主人は名古屋の出身だそうで、将来は青少年が集えるセンターのようなものを作るのが夢とか。夜に海にもぐっては魚を取って、それが食卓に出てきます。毎朝の朝食は、パンとコーヒー、おかずをお自由に食べてよく、お皿は各自が洗うのが規則です。

画像

泊まっている皆が、友達のように挨拶をし、話ができる雰囲気が心地よかったです。1階のドミトリー(2段ベッドの大部屋)は何と一泊980円で朝食付きです。何ヶ月も長期滞在する人もいるみたいです。何となく家族のような感じになってくるのでしょうか。何ともいえない「ゆる〜い」空気が流れていて、何か帰るのがいやになってしまいます。

画像

実は今回スキューバーダイビングも初体験しました。宮古島ラグビー協会理事長の村上先生が用意してくれました。昔シュノーケルでよく魚をつきに行ったりしていましたが、宮古島の海は格別でたくさん魚が泳いでいました。

画像

地面の砂を指でつまみ水中に撒いていると、熱帯魚達が寄ってきます。近くまで来た小さな魚が指に触ります。40分ほどの海の散歩を楽しみました。

画像

帰りの空港まで村上理事長が送ってくれました。辺土名先生も坂本さんも、翌日帰る尾中さんも見送ってくれました。3度目の宮古島でしたが、帰りたくないなーという気持ちになりました。

画像

宮古島に移住したいという人の気持ちがわかる気がします。いい気が流れているといわれる宮古島のパワーでしょうか。また行きたいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古島の魅力 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる