林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年、明けましておめでとうございます

<<   作成日時 : 2010/01/03 01:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

年末から、バタバタとしている間に年が明けてしまいました。

結構毎年なのですが、年賀状、花園ラグビー場通い、そしてブログ書き等、バタバタとしているうちに正月が来て過ぎていってしまいます。少しゆっくりとした、いろんなことを考える時間を持って、本でも読んでと思うのですが、思いながらも時間が過ぎ去っていってしまうのが現実です。

まさに光陰矢のごとし、時間の経つのが益々早くなったような気がします。そろそろ残された時間の使い方を真剣に考えないといけないと感じています。ブログも楽しんで書いているうちはいいのですが、時間を取りすぎてほかの事ができなくなることもあり、もう少し効率よくメッセージを発信して行かないといけないなと思っています。

何はともあれ、1960年生まれの私にとっては、2010年は50年目の年になります。オックスフォードでバーシティーマッチに出場したのが1990年、30才の時で、それからもう20年の月日が流れたことになります。

孔子は、「40にして惑わず、50にして天命を知る・・」と言いました。40を不惑と言うように、50を知命と言うのだそうです。知命とは天から与えられた自分固有の命を知る年だということでしょうか。

神戸の教育者・哲学者、森信三先生は「人は皆天からの手紙をもらっていると」言われました。「しかしそれを読む人もいれば読まずに人生を終える人もいる」「ひとたびお前をこのために生んだと言う天からの手紙を読んだなら、もうそれからの人生、時間を無駄にすることは出来ない」とそんなことを仰いました。

人間は誰しも魂の奥底に真善美を求める真我・良知とでも言うようなものを持っていると思うのです。それは湧き上がってくる元の泉のようなものではないでしょうか。自分自身に問いかけ本来的自己との出会いをする事が人の人生を一遍の詩にしていくのではないでしょうか。

ラグビーを36才で引退ししばらくしてから、私の人生のワンテーマは「湧き上がる」と言う事ではないかと思ってきました。「湧き上がる」体験をするためにラグビーをプレーし、「湧き上がる」体験を伝えようと教育の道を志し、研修を行い、NPOヒーローズを立ち上げて活動をしてきました。

知命の年を前にして、もう一度自分自身を見直したいと思っています。
天命に生き、運命に挑み、使命に燃ゆ、そんな生き方がしたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年、明けましておめでとうございます 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる