林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1回ヒーローズカップ 決勝トーナメント (兵庫)

<<   作成日時 : 2009/02/18 08:00   >>

面白い ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 13

2月15日、神戸製鋼灘浜グラウンドで「第1回ヒーローズカップ」の決勝トーナメントが行われました。

画像


心配された雨も上がり、天気は快晴で暖かく、申し分ないラグビー日和です。
7時半に集合しグラウンドの設営をしました。私が到着したときにはもう数人が来て、グラウンドを開けてもらい設営が進んでいました。機材を運び込み、机や椅子を運んで本部を設営しました。ロープを張ってコーンを置いてグラウンドを設営し、ゴールポストも作ります。何人かは分かれて駐車場整備に。この日は車が満杯になりました。

画像


タオル、Tシャツ、ネクタイ等のヒーローズグッズも並べられました。
この日のヒーローズスタッフは、14人、ラグビーネットワークも約同数の運営メンバーです。
9時を回ると、選手達が続々と集まってきました。

画像


9時から開会式を行いました。まずは私が挨拶をしました。「大好きなラグビーを思いっきり楽しんでください。ヒーローズカップは皆で作る大会です。良いプレー、良いマナー、良い運営、すべてがそろって良い大会になります。皆で良い大会にしてください。今日一日頑張ってください。」

画像


ついで今大会に毎回飲料を寄付してくださった、キリンの高宮さんが挨拶をしました。「水分補給に気をつけながら頑張ってください。」

画像


この後対戦相手を決める抽選会。ABCDと書かれたミニチュアのボールを、まず2位チームからひいて、次いで1位チームがひいて、それぞれの対戦相手を決めました。抽選の結果をボードに書き入れます。

画像


皆どんな組み合わせになるのかどきどきで見守りました。

画像


開会式、抽選会も終わり、全体写真とチーム写真を撮影しました。

画像


画像


この日はケーブルテレビJcom、朝日新聞、毎日新聞、ラグビーマガジンが取材に来てくれました。それと同時にヒーローズでも記録用DVD作成のため、3台のカメラが入りました。

画像


チームでウオーミングアップが始まり、レフリー、代表者ミーティングも始まりました。私は「皆で作る大会であり、素晴しいプレー、マナー、運営があって始めて素晴しいヒーローズカップになります。レフリーもタッチジャッジも一生懸命やってくれます。決勝トーナメントで熱くなることもあるだろうけど、信頼して任せてほしい」旨を一言だけお話しました。

画像


取材に来てくれた記者達と話をしている間に試合が始まりました。

画像


予選トーナメントを運営してきたこともあり、スタッフの皆さんが自分の仕事を自覚して、スムーズに運営が進んで行きます。応援に来てくれた、来賓、お客様にはコーヒーやサンドイッチを出す心配りに感謝です。

画像


いずれも激しい試合が繰り広げられます。

画像


結果準決勝へは、京都のアウル洛南ジュニア、兵庫の尼崎ラグビースクール、芦屋ラグビースクール、加古川ラグビースクールが進みました。

画像


インタビューを受ける深尾理事です。事務局を仕切ってくれました。

画像


バケツに絵を描いた私の仮面も登場しました。
昼食を兼ねたショートブレークで、ロングキック大会を行いました。プレースキックでボールをけって、一番遠くまで飛んだ人が優勝です。

画像


ゴルフのドラコンと同じ要領で、当然ボールがグラウンドから出てしまったらオービーです。
楕円球なだけあって、バウンドの仕方が大きくものをいいます。なかなかうまく当たらないものです。会場にはほんのりとした和やかな雰囲気が広がりました。

画像


少年の部を終えて、大人の部。各チームのコーチ、キリンチームから1人、ヒーローズから出向井コーチと私がボールをけりました。

画像


各チームの出場者の名前を聞き、マイクで名前を紹介しながらの運営は、非常にスムーズに行きました。楽しいアナウンスも拍手物でした。

画像


ちなみに結果は、あたりは悪く低い弾道だったものの、転がり方が良く私が優勝してしまいました。「空気を読めない林で申しわけありません」とはアナウンスのコメントでした。上位3人にはプレゼントを差し上げました。

画像


いよいよ3位決定戦、優勝決定戦です。三位決定戦は尼崎ラグビースクールが加古川ラグビースクールを振り切って勝ちました。

画像


優勝決定戦ではアウル洛南ジュニアが芦屋ラグビースクールを退け、第1回ヒーローズカップの優勝チームになりました。

画像


コーチの方々にお話を伺うと、子供達はヒーローズカップを目標に練習をつんできたのだそうです。大会があるお陰で本当に皆やる気になったとお話いただけました。

画像


15時20分から閉会式。表彰式で表彰状とプレゼントを渡しました。

画像


全部のチームに何かお土産があるように、スタッフがいろんな賞を考えてくれました。

画像


プレゼントの準備、賞の名前決め、皆スタッフが仕切ってやってくれました。

画像


最後の挨拶で思いのたけを話しました。「ラグビーをプレーし、夢を描き挑戦することの大切さ、得られる感動の大きさを体験しました。自分自身に向き合い、新たな自己との出会いをすることにより、皆が人生のヒーローになれるのです。」

画像


閉会式も終わり、設営した会場を元通りに戻し、17時頃に鍵を閉め誰もいなくなった灘浜グラウンドを去りました。

皆様本当にありがとうございました。おかげさまで『第1回ヒーローズカップ』大成功で終えることが出来たと思います。本当にやってよかったです。皆さんに感謝です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
済みましたー、昨年の秋から準備に入り、あっと言う間に決勝です。長かったような短かったような、しんどい時もありましたが、スタッフ一同、子供たちにいい条件で試合をしてもらいたい一心で頑張ってきました。不行き届きな所もあったと思いますが、初めての経験と言う事もあり、お許し願えれば幸いです。レフリー委員会の南委員長、城副委員長はじめレフリーの皆様には感謝致します。そして南野さん率いる大阪ラグビーネットワークさんには手取り足取りのご指導ありがとうございました。最後に参加頂いた全てのチームの皆様に感謝致します。
あとは28日のアフターファンクションや、ヒーローズスタッフ、はじけるぞー!
事務局長
2009/02/19 16:53
NPO法人 ヒーローズの 皆様方!! 林理事長!!
本当に 御疲れ様でした!!
素晴らしい環境で、子供たちに こんなに大きな大会を提供出来た事 心から“誇り”に思います!!
予選会から順位決定戦まで 色々なドラマが有り 色々と大人の私たちが 考えなければいけないこと気付かせてもらい、そして 何よりも 大きな“感動”を与えてくれました!!

本当に ヒーローズの皆様方!!有り難う御座いました!!
次回も 次々回も 素晴らしい大会に 成らん事を 祈念し、今宵も 祝杯を挙げたいと 密かに思っている 自分であります!!(28日も 勿論 どこまででも 行きまっせ!!)

参加された方々、ご尽力を頂いた全ての方々に 心よりの“感謝”です!! ハイ・・・。
堺RSハイH井です
2009/02/19 19:57
を描きました。第1回ヒーローズカップに花を添えられればと思っていましたが、バケツ仮面が活躍する暇もないくらい白熱した試合の連続でした。
林理事長並びにスタッフのみなさん、すばらしい場を作っていただきありがとうございました。
我が八尾ラグビースクールの子ら、保護者、指導員全員に成り代わり感謝いたします。
これからは、回を重ねていくうちに、関西、いや全国、いやいや世界のスクールラグビーの最高峰を目指す大会に育っていって欲しいと思います。
これはまんざら夢ではないような気がします!
その時はみんなバケツ仮面をかぶって応援しましょう。
バケツの顔
2009/02/20 00:27
事務局長のコメントの『済みました』の文字が多くを語ってると思いました。
計画段階から、各予選を経て決勝トーナメントまで本当にご苦労様でした。
林理事長の言葉にありましたように、良い運営があってこその良い大会になったと思います。本当にありがとうございました。
来年の準備がもう始まっています。
今後ともNPO大阪ラグビーネットワークをよろしくお願いいたします。


ORN やたけたの熊
2009/02/20 11:32
第1回ヒーローズカップ無事成功のもと終了した事お祝い申し上げると共に感謝申し上げます。子供達が夢見れる大会を行っていただき、大会中本当にこんなに楽しく!感動している子供達を見たのは初めてです。
選手・コーチ・保護者そしてスタッフの皆様が一体なった大会だったと思います。林理事長率いるNPO法人の皆様、影の立役者南野さん率いるNPO法人、そして各クラブからのお手伝いの皆様のお陰と感謝、感謝です。
この大会が全国大会になり日本一の大会になる事を期待しますし、又出来ることはアウルでもお手伝いしていきたいと思っています。
アウル洛南Jr 顔の大きい監督
2009/02/20 18:16
今回アウル洛南Jrが優勝させていただき本当に嬉しいです。
アウルのミッションは日本一、今回近畿で1ですが尼崎RSさんがラグビーマガジンカップ大会で日本一を取られて尼崎RSさんに準決勝で勝たせていただいた事がバーチャル日本一と子供達にはとても嬉しく涙するものも沢山いました。
アウルは創部7年目の新しいクラブです。チームの理念は「勝つ」です。
(この厳しい社会に対応出来る子供を育てる、勝ち癖をつけてやる)
初めは「子供に勝ち負けはいらない」「ラグビーを楽しませるだけでいい」など色々、誹謗中傷をいただきましたが私はラグビーというスポーツの性格上、勝ち負けはある。その為にノーサイド精神があると思います。
今回の大会を通してアウルの子供達は勇気ある子供達と友達になったと思いますし、私達が理想とするラグビーを実践してくれたと思っています。
そしてアウルのラグビーに共感してもらえるチームは合同練習や試合をお願いします。
ラグビーを愛する子供達にバンザイ!!
アウル洛南Jr 顔の大きい監督 2
2009/02/20 18:18
NPOヒーローズの皆様、お疲れ様でした!本当にありがとうございました。
子供達がいきいきとしてプレーして、色々な感動を与えてくれました。
指導者の大人たちも必死で頑張っていました。スタッフも一生懸命に走り回ってました。父兄の人たちも一生懸命応援してました。みんな、みんな、灘浜グランドにいた人たち全員がラグビーを通じて、本当に素晴らしい幸せな1日を過ごせたんではないでしょうか。

みんなラグビーが本当に好きなんですよね。
本当に幸福な時間を共有できたと思います。
参丁目のデブウィング主務
2009/02/20 20:44
皆様コメントありがとうございます。
皆様のご尽力のお陰で良い大会にすることが出来ました。本当にありがとうございました。大会が成功裡に終われました事、大変うれしく思っています。
グラウンドの中にはそこでしか体験できない貴重なものがあります。勝ったこと、負けたこと、そこから何を学んでいけるかだと思います。
実は先日、来年度のNPOヒーローズの冊子の取材で、山口先生と対談させていただきました。「失敗を知らない成功者はいない。負けを知らない勝者はいない。そこから何を学ぶかが大切だ。人に感謝して、人からありがとうといってもらえる、お役に立つ人間をいかに育てるかだ」と仰ってました。非常にわかりやすくて我が意を得たりという感じでした。
少年ラガーたちが、益々成長し、それぞれが自分の人生のヒーローになってくれる事をお祈りいたしております。
皆様本当にありがとうございました。

2009/02/21 00:45
ヒーローズカップ成功おめでとうございます。スタッフの皆様本当にありがとうございました。お疲れ様でした。チームの子供達は、この大会での優勝を目指して大人顔負けの練習をしてきました。けしてしごきでは有りません。声を出し合い励ましあって頑張っていました。皆ラグビーが好きなんです。毎日のようにボールを蹴ったりパスをしたり、試合のDVDが擦り切れて見れなくなるほどの子供もいます。本当に好きなんだと思います。負けた悔しさを糧にして頑張ってくれました。この勝利は保護者の皆様やコーチ陣への何よりのプレゼントでした。負けたチームの方々には申し訳有りませんが久しぶりに男泣きさせて頂きました。親父と仰ぐ恩師の言葉(信は力なり)それを小学生の子供達が証明してくれました。正に感動としか言う言葉しか浮かびませんでした。あの子共達と大好きなラグビーが出来たことを誇りに思います。私にも今度はお手伝いさせてください。最高の大会を有難うございました。感謝の心で一杯です。
元ツッ゜リ生徒
2009/02/21 18:20
最初に、ヒーローズカップに関わっていただきました全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
今回この大会をさせていただけた事本当によかったと
林、深尾、ともども しみじみと申しておりました。ずっと子供たちの一生懸命な姿を目の当たりにして、毎回感動し、涙しない回はありませんでした。指導者の方々やご父兄の真剣な取り組みから、色々な事を学ばせて頂きました。スタッフ一同つたない運営(司会が、)でありましたし、不行き届きや失礼なこと(を司会者がいったかも、)があったかと思います。でもヒーローズスタッフの合言葉は『やるからには楽しく!!心を込めて』です。まだまだみんな修行中ですが、一生懸命頑張りますのでこれからもヒーローズカップそしてヒーローズを宜しくお願いいたします。事務局長は、済みましたーと最初に書いておられますが、28日アフターファンクション!まだ終っておりません。楽しく盛り上げていきたいと思っておりますので皆様ご期待ください。
追伸、林理事長、空気が読めないなどと失礼申し上げました。でもあそこではやっぱり靴ぐらい飛ばしていただくのがお約束かと、
司会者
2009/02/22 02:26
ラグビーマガジンに大きく取り上げられていたのには、びっくりしました。
スタッフー
2009/02/26 23:10
ラグビーマガジン読ませていただきました。小学生の大会で大きく取り上げてもらえたのは、やはり世界の林のおかげでしょうか?林さん、今月号に二箇所も登場されてますねー?たいしたもんや、今の日本代表に林さんの熱いハートがあればなー?と思うのは私だけでしょうか?
荒瀬山
2009/02/27 13:36
元ツッ゜リ生徒さん、司会者さん、スタッフーさん、荒瀬山さん、メッセージありがとうございます。皆さんの良い大会にしたいなという『ONE FORALL』の気持ちが、良い大会を生んでくれた、ラグビー精神にかなった大会ができたのではないかと思っています。
来年はもと良い大会にしたいと、もうすぐ検討会議を開く予定です。皆さん、第2回もよろしくお願いします。

2009/03/07 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1回ヒーローズカップ 決勝トーナメント (兵庫) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる