林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒーローズカップの準備 (大阪)

<<   作成日時 : 2008/10/19 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒーローズカップを開催するに当たり、NPO大阪ラグビーネットワークの南野理事長と、打ち合わせ及びあいさつ回りに行きました。
画像

ヒーローズカップは、大阪府ラグビーフットボール協会とNPOヒーローズの主催、NPO大阪ラグビーネットワークの主管で行われます。大阪ラグビー協会の村田理事長(写真上)を尋ね、大会運営、怪我や突然の出来事に対する対応などについて打ち合わせをしました。
画像

子供たちにラグビークリニックを行い、会場を貸していただく大阪産業大学附属高等学校を訪れました。写真は、草野ラグビー部長、と大阪ラグビーネットワークの南野理事長です。当日は南野理事長のジャガーに乗っけてもらいましたが、この2人で乗ってたら結構いかついかもしれません。
画像

西澤監督、官梅コーチにもご挨拶をしました。グラウンドはすばらしい人工芝で、学生達が体育の授業をしてました。
この後大阪経済大学を訪れ、岡本監督は残念ながら不在でしたが、中島コーチにご挨拶しました。
画像

中島コーチは同時期に神戸製鋼でプレーしたラガー、後輩です。フランカー、スクラムハーフをしていました。
ABのアタックディフェンスを見学し、練習の後学生達にコメントをしました。
画像

強いチームのアタックディフェンスは一味違います。同志社の学生時代、ABマッチは熾烈を極めました。特にBチームはAチームのメンバーをゆわせば、ジャージを着れる、試合に出られると挑みかかってきました。
画像

激しい練習で怪我をしてしまったら負けです。激しくぶつかり脳震盪で退場しベッドで唸りながらも、「俺は絶対休まへんぞ、休んだら試合に出られへんからな」と言った同期の言葉を紹介しました。練習に気持ちがこもっていたか、淡白でなかったかを問いました。
中島コーチいわく「涙が出そうになった」。うれしい言葉です。学生の心にも響いたでしょうか・・。

日は変わって、南野理事長と一緒に、大阪のロイヤルホテルで行われた整形外科の伊藤先生のクリニックのリニューアルパーティーにも顔を出しました。伊藤先生は神大医学部ラグビー部出身で、私が膝の手術で神大病院に入院した時に、主治医ではありませんでしたがお世話になりました。
画像

試合をする時には何かの事態に備えてグラウンドにドクターをお願いしないといけません。この日は、やしきたかじんはじめたくさんの人がこられてました。外科医の先生方もたくさんこられていて、ヒーローズカップのお願いをしてきました。
次回のミーティングは22日の夜です。ヒーローズカップの準備が着々と進んでいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒーローズカップの準備 (大阪) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる