林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 同志社対関学戦 (大阪)

<<   作成日時 : 2008/10/17 00:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

少し時間が経ってしまいましたが、10月5日、同志社対関学戦を観に行きました。
画像

有志達を募っての応援となりましたが、同志社出身の私としては非常に残念な試合になりました。
前半1本先取されたのですが、その後同志社が試合の流れをつかみ、中盤の戦いを制して終止敵陣での戦いとなりました。この間3トライを取り、15対7で前半を折り返しました。ゴールが決まらず、点数があいてないのが気になりましたが、戦い方は悪くなく、このままいけるのではとの感じがしました。
画像

しかしながら後半に入ってからは、同志社が悪いのか、関学のディフェンスが良かったのか、なかなかゲインラインを切ることができませんでした。数少ないチャンス、あるいはキックの蹴り合いなどの場面で、ノッコンや或いはペナルティー等の反則をおかして、敵陣に入ることができずに、主導権を奪われ、後半は0対12、トータル15対19で敗れました。
画像

関学の喜びようは大変なものでしたが、翌日新聞で49年ぶりの敗戦だったのだと知りました。
この春一度関学のグラウンドに、練習試合を見に行ったことがあります。大阪ガスとの練習試合でしたが、関学の機動力が大阪ガスを翻弄していました。早稲田出身で元日本代表のキャプテンを務めた横井さんがコーチに来られていましたが、関学OBの方から今年の春には1000本タックルの練習をしたと伺がいました。またレフリー関係からも、どうしても最後は同志社びいきの笛になると思われるので、わざと同志社びいきの笛を吹いてもらって対応を練習したと言うような話も聞いていました。
画像

対関学戦、同志社危ないんじゃないかな〜とは思っていましたが、それがこの後半に見事に出たと思います。やっぱり勝利に対する執念、気持ちが何よりも大切ですよね。グラウンドに横井コーチの姿を見ました。お話もしませんでしたが、してやったりとの心境だったのではないでしょうか。
以前なら悔しさにはらわたが煮えくり返っていたのでしょうが、この日は非常に冷静に試合を観戦しました。「林さん、がっかりしたよ!」そう吐き捨てるように言ってグラウンドを去っていかれた同志社OBの方が印象的でした。
まあ、関学に負けてしまっては、私としても何ともコメントの仕方がないと言う感じです。ただ去年も天理に負けましたしね、今後の頑張りうを期待したいと思います。ただ事件のあった去年の危機感と、今年の敗戦に対する受け止め方はどうなのでしょうか。敗戦に対する受け止め方の深さが今シーズンを決めるのではないかと思っています。

我々も早々にグラウンドを後にし、有志で鍋を食べに行きました。
画像

布施にある海老蔵です。海老蔵のちゃんこは、伊勢海老やあわび、かになどの食材が入っていて、一味をたくさんかけて真っ赤にして食べるのが特徴です。うまい鍋と会話でひと時を楽しみました。同志社ファンの1人としてとして、ラグビー観戦の1日を楽しんだそんな感じの1日でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
林さんこんばんは。

先日は残念な結果で絶望しましたが、今日は気持ちが入った試合をしてみごとに勝利を収めましたね。関学戦でも今日のような気持ちで試合すれば違った結果になったと思います。

これからの快進撃に期待したいところですが、今日もあの試合展開ならあと2、3トライは軽くとれないと、と感じました。まだまだ前途多難かなと思います。
エド
2008/10/18 21:08
エドさん、メッセージありがとうございます。まずは1勝、ほっと一息ですね。これを機に調子に乗って、チーム力を上げていってもらいたいものですね。

2008/10/20 10:12
2日は同志社香里の試合が花園第3でありますよ。
副会長
2008/11/01 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
同志社対関学戦 (大阪) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる