林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天晴くんを救う会

<<   作成日時 : 2008/09/16 02:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

いろんな方面から「天晴君を救う会」の案内と協力依頼を受けました。
画像

岩田天晴君のお父さんは私と同世代のラガーで、北野、京大、博報堂とラグビーを続け、私も対戦したことがあります。
天晴くん(13歳)は2008年2月に拡張型心筋症を発症し、現在、東京大学附属病院に入院中です。右心不全もある重症心不全で、心臓の状態は極めて悪い状況です。
拡張型心筋症は、心臓の筋肉が拡張し薄くなり、やがては死に至る特定疾患指定の難病で、天晴くんのように悪化すれば、心臓移植以外に助かる途がありません。
ただ日本では手術ができないため、アメリカでの手術を希望しています。何とか天晴君を救おうとラグビー仲間が会を作って募金を始めました。
画像

私も協力を頼まれ、少額ですが寄付をしたのと、ブログでの紹介をさせてもらう事にしました。
できる範囲でご協力いただければと思います。

詳しくは、「天晴くんを救う会」のウェブサイトをご覧下さい。
   http://www.tensei-aid.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
林さん、こんにちは。
ご返事、ありがとうございました。
嬉しかったです。
お陰様でシゴトはまずまずのスタートを
きれています。

僕も先日秩父宮で募金してきました。
元気になってくれることを心よりお祈りします。
tommy
2008/09/16 08:07
日本で手術できない事はないですよ。
確かに15歳未満の脳死ドナーの臓器提供は認められていませんが、移植を受けるほうに年齢制限はなく、国内で8歳と13歳の子供に心臓移植の実績があります。ただ、日本では臓器提供があまりにも少ないので渡米されるのでしょう。ドナーカードはお持ちですか?
リコ
2008/09/16 11:54
天晴くんを救う会の白石と申します。
この度はブログ上で「天晴くんを救う会」のご紹介、募金の呼びかけをしていただき、誠にありがとうございました。おかげさまで目標募金金額を達成いたしました。これをもちまして「天晴くんを救う会」としては、募金をお願いする活動を終了いたします。
ラグビー関係者向けの御礼メッセージを準備しましたので、こちらもご覧ください。
http://rugby.game.coocan.jp/tensei.html
白石良多
2008/10/09 13:41
tommyさん、メールをありがとうございました。これからが本番ですね。お互いがんばりましょうね。大変遅いお返事になってしまってすみません。
リコさん、メッセージありがとうございました。仰るとおり日本では臓器提供者が少ないのだそうです。お返事遅くなってすみません。
白石良多さん、募金目標達成おめでとうございます。良かったですね。今回の件では皆さんの本気度が違いましたよね。大きな動きになって、ひとつの目標を達成できた事、皆が善意で動いたこと、ラグビー関係者として誇りに感じます。白石さんたちの頑張りすばらしかったと思います。天晴くんの回復と、すばらしい人生を祈りたいと思います。

2008/10/11 11:15
ラグビーファン並びに関係者の皆さまへ

岩田天晴くんは重篤な心臓疾患を患っておりましたが、海外で心臓移植手術を受け、8月5日に無事に帰国することができました。これはひとえに、皆様から暖かい支援の賜です。誠にありがとうございました。

「天晴くんを救う会」は昨年の9月に募金のお願いを申しあげ、10月の半ばには目標としていた金額を達成することができました。その後、1月6日に補助人工心臓を装着した状態で渡米し、ニューヨークのコロンビア大学病院に入院しました。即日に検査、審査を経てウェイティングリストに登録をお願いし、その二日後の8日に条件が適合するドナーが現れ、心臓移植手術を実施しました。

臓器移植手術の実施件数が圧倒的に多い米国においても、臓器移植を必用とする患者の数は、臓器提供者よりも圧倒的に多いのが実状です。従い、リストに登録しても、条件が適合するドナーに巡り会うために数ヶ月以上待機することも多い中で、このように早い時期に移植を受けることができたことは、非常に希な事例であったようです。

その後は外科手術の回復を待ちながら、免疫抑制剤による治療を並行して行ってきました。手術後6か月間にわたって経過観察をしてまいりましたが、提供を受けた心臓との相性が良く、拒絶反応も起きていないことから、帰国を決断した次第です。

帰国後、東大病院に検査のため入院しましたが検査結果が良好ですぐに退院、昨年の2月19日に入院以来、ほぼ一年半年ぶりに自宅に戻ることができました。「早く学校に行って友達と遊びたい」という天晴くんの願いが叶うのも遠くない日と思われます。

2009年8月16日

天晴くんを救う会 一同
北野高校、京都大学、博報堂ラグビー有志
白石良多
2009/08/16 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
天晴くんを救う会 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる