林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サンヨーラグビー部、宮本元監督の話 (大阪)

<<   作成日時 : 2008/06/29 10:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

5月20日、大阪同志社クラブで、サンヨーラグビー部の宮本元監督が講演をしました。
画像

大阪同志社クラブは大阪近郊に住む同志社OBの集りですが、毎月集りを行い私も年に何度かは出席しています。以前私も講演を頼まれ話に行きましたが、それがご縁で時々顔を出すようになりました。
宮本さんは同志社の5年後輩になりますが、全日本でも一緒にプレーしよく遠征にも行きました。またサンヨーとは色々な因縁があります。神戸製鋼が連覇していた時何と言っても強かったのはサンヨーで、神戸製鋼が競り負けていたらサンヨーは間違いなく何連覇かしていたでしょう。強いフォワードで、勢いがあるのですが、チームカラーはおおらかな感じで、勝負にがめつい神戸製鋼がしのいでいたと言う感じです。
強いながらも壁を破れなかったサンヨーでしたが、宮本さんが監督になってから変わりました。昨年はトップリーグ、日本選手権で優勝し壁を破り本懐を遂げました。宮本監督の男泣きが印象的でした。ラグビー部の宮本は、まさにサンヨーの宮本になりました。
画像

講演に先立ち、講師紹介を頼まれ、上記のような話しをしました。
突然監督就任を要請されて、まず最近のラグビーの勉強をしにNZへ言ったのだそうです。新しいラグビーの知識を詰め込んで、選手の中に飛び込みました。皆の信頼を勝ち取るために一緒に練習をしたそうです。走ってベンチプレスを挙げて、選手たちに負けないようにやったのだそうです。ベンチプレスは150キロは上げて、現役よりも強かったというから現役たちもがんばらざるおえません。
体作りと、スキルの習得をしっかりやり、それと戦略の両輪を整えていきました。監督就任2年目3年目になるにつれ、選手が自主的にやるようになりどこよりも練習した。チームを作っていく上で、岡先生から、同志社ラグビー部で学んだ事がベースになったと熱く語ってくれました。
今はサンヨーの家電品を世界に販売する営業の統括部長と言う重責で、忙しく飛び回る毎日。益々の活躍を期待したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンヨーラグビー部、宮本元監督の話 (大阪) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる