林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天宮先生 (東京)

<<   作成日時 : 2008/03/05 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2月28日、武蔵野東技能高等専修学校を訪れ、天宮先生と対談をしました。

武蔵野東技能高等専修学校は生徒数約240人です。その内の3分の1が自閉児で、3分の1は中学時代の不登校生、そして残りの3分の1も虐待された会見を持つ子や、学習面や生活面で何らかの問題や悩みを抱えている生徒たちです。
そんな中で「混合教育」という、自閉児と健常児が同じ環境の中で学び、相互に理解を深め、共に成長を目指す教育を行なっています。
天宮先生は、高校ジャパンの合宿にも参加した「ラガー」です。先生がラグビー部を創部した時、メンバーは6人しかいませんでした。しかし今は80人の生徒たちが所属するクラブになりました。テニスコートくらいの広さしかないグラウンドで、しかも生徒たちの最も苦手とするチームスポーツ、中でも人数の最も多いラグビーをプレーしています。
武蔵野東技能高等専修学校は混合教育で有名で、NHKのクローズアップ現代等でも取材されています。今回は天宮先生に、ラグビーを通じての教育や子供たちの成長ぶり、そして先生の思い等についてお聞きしてきました。
4月には、NPOの冊子の第2弾を発行しようと計画していますが、この中で天宮先生との対談を掲載する予定です。ご期待下さい。
なお、NPOメンバーの一人でもある作家の「大元よしき」さんが、天宮先生や混合教育のことを書いた本が4月には出版される予定です。こちらもご期待下さい。

画像

写真は自閉症の生徒たちの作品を前にした天宮先生です。「こんな絵、こんな色使い、できないですよねー」と。子供たちと一緒に試合をして、膝の半月版を痛めたと、この日は杖を付きながら学校を案内してくれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mr.ラグビーとの対談が、、
Mrラグビー、林敏之氏が来校したことは以前に紹介しました。いやはや、熱い方です。そして、常に何かを考えている方です。本当にあっという間に時間が過ぎてしまいました。内容は、、どうやら冊子になるそうで、ここでオフサイドはNG!!ただ、林さんのブログに載って... ...続きを見る
日々精進なり
2008/03/13 13:15

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天宮先生 (東京) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる