林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 同志社vs筑波

<<   作成日時 : 2007/12/17 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

花園の試合を応援に行きました。

画像

大学選手権1回戦、相手は対抗戦5位、しかし実力のある筑波です。朝から天気は晴れていましたが、試合直前になり雲って霧のような雨が降り始めました。

前半5分敵陣でフォワードが優勢に立ちボールを連取し、前川が抜け出して右サイドにトライ。ゴール失敗、5−0。ここで流れに乗って行きたいところだが、筑波に攻め込まれ、自陣でボールを取り2度タッチを狙うが、2度続けてチャージされピンチを招く。それでも何とか凌ぎ、タッチを狙うがこれが出ずに、筑波のライン攻撃から最後は左ウイングへキックパス。ディフェンスに行くも簡単に抜かれてトライ。ゴール失敗、5−5。同志社の勢いで始まった試合であったが、筑波をリズムに乗せてしまう残念なトライだった。同志社陣、筑波がペナルティーを狙う、5−8。
この点差で前半終了間際まで行くが、終了直前筑波ゴール前のラックから、同志社がモールを作り押し込んでトライ。ラックからモールを形成し押し込むのは、神戸合宿で練習したプレー。前半終了直前に意図した通りの良いプレーが出来逆転。キック失敗、10−8。後半は良い試合をやってくれるだろうと期待をした。
画像

後半に入り一進一退、先に得点したいが、筑波13分ラックを連取し左ラインにまわす。タックル甘くストーンと抜かれトライ。コール成功、10−15。25分筑波、ラインにボールを回して、すれ違いざま同志社ラインの裏にキックを落としこれを取ってトライ。このトライはうまかった。ゴール失敗、10−20。同志社この辺りで何とかしないといけない。同志社ラックからモールを組んで行こうとするが、モールを組まさない筑波の執拗なディフェンスで思うように行かない。30分筑波にボールをまわされてもう1本トライを取られる。筑波の勢いに同志社のディフェンスが乱れてしまった。ゴール失敗、10−25。これだけ点数が開いたら非常に苦しい。勝利は限りなく遠のいた。ここからシャカリキになって攻めるが、時すでに遅し。開き直るなら開き直るで、もう少し早く開き直って行くべきだった。2トライ返すも20−25で筑波に敗れた。

いやな相手ではありましたが、それでも勝機は十分にあったと思います。残念ながら対抗戦5位の相手に負けてしまってはどうしようもありません。泣き崩れる同志社15、彼等の涙に嘘はありませんが、やはり負けてはならない試合だったと思います。残念な思いを残しながら花園グラウンドを後にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おっしゃる通り、負けてはならない試合でした。少なくとも、関西チャンピオンが関東対抗戦5位のチームに負けて、仕方ないとは言えません。

前半終了間際にモールで押し込んでトライした時点で何とかなると思いましたが、全体的にスピード面で負けていた印象が残りました。

正月は対早稲田戦を楽しみにしていただけに残念です。来季以降の奮起を期待しています。
とろさぶりん
2007/12/17 02:39
9月にはお世話になりました。小松高校の酒井です。
同志社の敗退、残念です。春にあんな事件があったこともあり、基礎的な仕込みが不足していたのかもしれませんね。

>彼等の涙に嘘はありませんが、やはり負けてはならない試合だったと思います。

私もこんな部員の涙を何度見てきたことか。一度でいいから歓喜にむせび泣く姿を見てみたいものです(自分もその輪の中に入って)。
話題は変わりますが、高校の花園の1回戦は徳島VS石川になりましたね。
今年も部員らとともに27〜28日に観戦に行きます。
一緒に応援できたらいいですね。
酒井
2007/12/17 09:59
嘘でしょ!!と翌日の新聞見て思わず叫んでしまいました!
正月に同志社の15見れるのを楽しみにしていましたが、本当に残念でなりません!!!!!
確かに楽に勝てる相手ではないとは思いましたが、まさか・・・・

最近のラグビー、私にとっていい話がないです。
神戸サントリーに惨敗、その前は元木がアキレス腱断裂で今シーズン戦力外、
そして今回の同志社惜敗。うー・・・正月が遠のいていくー!・・・・・・・
秀島です!
2007/12/17 21:22
簡単に勝てる相手ではないと思っていましたが、まさか同志社が負けるとは思っていませんでした。京都産業大学OBとしても非常に残念。

関西大学リーグでも、うちのフォワードに負けることなく、同志社もいよいよ復活してきたか、と思っていました。京都産業大学OBとしては、常に同志社に勝つことを目標にしていますが、弱い同志社なんか見たくありません。

同志社はいつまでも、わが京都産業大学にとって、厚く高い壁であってほしいです。関西代表で1回戦を突破したのがうちだけというのはあまりにもくやしすぎます。

京都産業大学も昔から欠点だらけのチームですが、昔からのこだわりは捨てず、さらに強くなってほしいです。同志社とともに、もっと頑張って、関東勢に立ち向かっていけたら、と思います。
京都産業大学OB
2007/12/18 08:44
林さんご無沙汰です.
大学選手権は本当に残念な結果で,未だに敗戦のショックをひきずっております.巷では中尾監督の手腕に対する疑問,辞任せよ,との声が聞かれますが,私はそうは思いませんし,中尾監督にぜひ日本一をとってもらいたいと思っています.しかし,今のラグビーは監督一人ががんばって優勝できるような生やさしいものではないと思います.一番の問題はDURCをサポートする立場のDRCのあり方のような気がします.部外者が生意気なことを言って申し訳ありませんが,ぜひDRCの改革を行って頂きたいと思います.
エド
2007/12/19 13:03
皆さん、メッセージありがとうございました。
ラグビーは比較的実力どおりの結果が出るスポーツだとは思いますが、精神的要素、試合の流れを掴むかどうかが大きいのも事実です。
7対3の実力をつければ負けることはありませんが、(実際私たちが初優勝した時に目指したのは、関東のチームに対して7対3の実力をつけようと言うことでした)6対4ならひっくり返ると思います。
一言で言ったら、同志社は試合の流れをつかめなかったと言うことではないでしょうか。やはり流れを掴むプレー、あるいは手放してしまうプレーがあると思います。味方を鼓舞するプレーはチームの勢いを乗せ流れを掴みます。しかし焦らせたり、がっかりさせるプレー、ミスはこれを手放してしまいますよね・・・。強いプレッシャーの中でも基本をしっかり確実にできる、自分の責任を果たせるかどうかと言うことなのでしょうか・・・。

2007/12/21 07:20
筑波に対し10試合やれば6回勝てたような気もするのですが、まあこれはやってみることも出来ないしなんともいえないところです。
大切なのはこれからの同志社ラグビーをどうして行くかなのですが、さて改革が出来るのかどうか、DRCの体質が問われるなと思っています。
さて、大学ラグビーは終わってしまったので、高校ラグビーに行こうかと思っています。27日は解説もありますし、寺子屋で出あったチーム、ラガーたちもずいぶん花園に来るようです。したがって27日28日は花園に行くつもりにしています。
酒井さん、徳島対石川戦は、昨年城東高校の選手たちに話をしてあげた事もあり、どうしても郷里を応援してしまいますが、是非お目にかかれたら良いなと思っています。何処かで見かけられたら是非お声を掛けて下さい。

2007/12/21 07:22
同志社残念です。
特に今年はキャプテンが香里OBと言う事もあり、応援していたのですが。
香里から前川、田島、橋詰、中松(親父さんが香里)が試合に出ていましたが、来年からはもっと香里OBが試合で活躍してくれる事に期待します。
その前に花園出て来いって?はー、清鶴先生に伝えます。
副会長
2007/12/25 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
同志社vs筑波 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる