林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡仁詩先生を偲んで

<<   作成日時 : 2007/05/12 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 19

岡先生が亡くなりました。画像

先生は本当に楽苦美が好きでした。
ラグビーを愛し、そして同志社を愛していました。

私にラグビーを教えてくれたのは先生でした。
ラグビーだけでなく、ラグビーを通じて、生きていくうえでのいろんな事を教えてくれた、親父の様な存在でした。

先生との出会いは、高校3年の時、オーストラリア遠征前、強化合宿の宿舎のロビーでした。徳島から荷物を担いで合宿に参加すると当時日本代表の監督だった先生がいました。

先生の顔を見て、「岡先生だ」と体に電気が走ったのを覚えています。そんな出逢いがあり、「林君進学はどうするんだ?同志社大学を受けてみないか?」と言われた縁で同志社に進学しました。

先生と共に日本一を目指した日々は、私にとって青春そのものでした。

4年のキャプテンの時、練習後呼び出され、夕食をご馳走になり一緒に御所を歩いた時、先生に対し「今同志社で一番苦労しているのは私です。同志社は私のチームです」といった事がありました。
先生にとっては面白くはなかったと思います。しかし私は思いがこみ上げて、すでに泣いていました。それを見て取られたのか、
「お前がそういうんだったらキャプテンにはかなわない。しかし俺も俺のチームやと思ってる。皆が自分のチームやと思ってる。それでえんやないか?」と話してくれました。

学生最後のシーズン、レフリーの退場の笛で明治に負けた夜、我々選手たちは荒れて飲んで大騒ぎをしました。翌朝朝の集合で、「退場事件で負けて悔しいからといって、飲んで大騒ぎして周りの人に迷惑をかける。そんなん卑怯やないか!社会のルーも守れんでラグビーをやる資格があるか!」と怒鳴られました。このときに先生の涙を見ました。

NPOを立ち上げた時、今まではずっと断り続けてこられた、発起人を初めてお引き受けいただきました。写真はパーティーでスピーチを頂いた時のものです。

先生に教えてもらった事は数知れません。
改めて振り返り、自主性を重んじ、それぞれの個の自立と自律を大切にされたのは、人間に対する深い愛情があったからではないかと思い至りました。

「楽しく苦しく美しく」。先生の好きな言葉でした。試合は楽しい、だけど練習は苦しい。しかし苦しい練習を乗り越えて、美しいトライが生まれる、美しい友情が生まれる。人生もまたしかりだと。

岡仁詩。改めて素敵な名前だなと思いました。
仁とは公、仁とは天地が物を生ずる心だそうです。
人は人それぞれ自立した人生の役割があり、本来的自己としてそれぞれがつながりあって生きるべきなのです。個々が一人一人自立しながら、それぞれがつながりあった時、本来的自己の本来的つながり性が生き生きと発揮され、自己は自己でなく万物一体の仁者になるのだそうです。
そして詩は、「己の生き様を一遍の詩にしろ」「生き様に詩がないと駄目だ」という詩です。

先生は生まれたときからこの名前を授かり、指導者として独自の路線を歩む事を宿命付けられていたかのように思います。
そして自らの人生の仕事をし、まさに楽しく苦しく美しく、一遍の詩を残し旅立たれました。

最後はしてあげた事だけが残るのですね。
先生は多くのものを残していかれました。
今から最後のご挨拶に参りたいと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。


5月12日(土)東京・秩父宮ラグビー場<午後2時KO>のジャパンXV 対クラッシック・オールブラックス(日本協会主催)と、5月13日(日)近鉄花園ラグビー場<13:00KO>で行われます同志社大学 対 慶應義塾大学(関西協会主催)との試合は先生のの追悼試合として開催されます。13日試合前の慶応とのOB戦には、私も出場したいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
同志社大学岡先生ご逝去の報に接して
 岡仁詩同志社大学名誉教授が5月11日に急逝されました。同志社大学ラグビー部監督として、またラグビー日本代表監督として数々の実績を残されたことは多くの人に知られています... ...続きを見る
::: ノーサイド :::
2007/08/02 09:11

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
明日魅せてください
みきお
2007/05/12 23:32
みきおさん、コメントありがとう。
現役じゃないので楽しむラグビーです。
プレーの方はあんまり期待しないで下さい。
メインは後の飲み会って感じでしょうか。
それでは今からぼちぼち出かけます。

2007/05/13 08:28
お返事恐縮です。今日はありがとうございました。完勝でしたね。十分楽しませていただきました。美酒存分にいただいてください。現役も今年期待できそうですね。同志社が強くないと関西ラグビーは盛り上がりませんよね。楽しみです。来週はコベルコですね。平尾監督後藤新主将にも期待してます。関西ラグビーまたみんな盛り上げましょう。僕にできることしたいです。それではまた
みきお
2007/05/13 18:30
岡先生との御所での会話、明治戦後の岡先生の叱責。あついものを感じました。
体育会の体力テストの際、遅刻してきた学生を厳しくしかっていた岡先生の姿が思い出されます。「楽しく苦しく美しく」。いつも苦から逃げている自分には耳に痛い言葉です。

ご冥福をお祈りします。

ブログに岡先生のことを書かせてもらいました。見ていただければ、幸いです。http://ch11037.kitaguni.tv/e376202html

とろさぶりん
2007/05/15 08:03
みきおさん、コメントありがとうございます。
同志社ラグビー厳しい状態ですけれど、自らを見つめ直し、もう一度鍛えなおし、次のチャンスに良い試合をして認めてもらうしかないですよね。
こういう時にこそ頑張ってほしいものです。


2007/05/16 00:59
とろさぶりんさん、
コメントありがとうございます。
ブログ読ませて頂きました。
私も岡先生は情熱の人だったと思います。
指導者として成果を残されたのは、
熱い思いがあったからに違いありません。
熱いものを持っていればこそ、
理性的であろうとされたのかも知れませんね。

2007/05/16 01:06
林敏之 様

つたない内容のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
岡先生の思いが、いちまでも伝えられるよう、願ってやみません。
ずっと同志社ラグビーを応援させてもらいます。


とろさぶりん
2007/05/16 10:58
林 敏之先輩                                                             コメントありがとうございます。僕は同志社のOBでもなく岡先生との面識もありませんでした。                      しかし楽苦美とはいい表現をされていたんですね、お人柄が偲ばれます。もともと僕も命がけでラグビーにとりくんでいた一人としていいたいです。楽しい時は短いかもしれません、勝利をめざして苦しみをみんなで乗り越える美しさがラグビー精神にはあると共感します。        いま同志社ラグビーは、さらに関西ラグビー界も苦しい時です。     今こそ楽苦美精神を〜僕も今まで人生を支えてきてくれたラグビーに恩返ししたいと思っております。これからもよろしくお願いします。

みきお
2007/05/16 23:40
 ダイマルさんへ
お久しぶりです。何年か前にコメントさせてもらって以来です。
先週岡先生の訃報を新聞で知りました。
1ファンで、お話をさせてもらったことはないのですが、大きな存在でしたよね。寂しくなりますね。私にとって、同志社ラグビーを追っかけた日々は、青春でした。
その後に、悲しい事件があり、同志社ラグビーファンとして
ショックでした。先生もどう思われてるのか?

自分も母となり、今ある事件の色々にどう子育てをしていけばいいのか?

今、娘も息子も毎日クラブに明け暮れています。特に娘は、いい指導者の先生に恵まれて今年は、全国高校選抜で、2位を頂きました。
今はまだ感謝することより、怒られる事が先にきてるのが現実です。
いつか娘も分かる時がくるのでしょうが・・・親ではない誰かの存在も必要ですよね。ダイマルさんの岡先生との出会い。
ステキな出会いも必要ですよね。

色々と書いてしまいましたが、
岡先生のご冥福をお祈りいたします。

同志社ラグビーファンとして、今こそがんばっていってほしいですね。





shino
2007/05/17 14:05
みきおさん、コメントありがとう。
ラグビーにはいろんな要素が含まれていますよね。
フェアープレーの精神。厳しい状況の中でルールを守ると言う事。
海外ではあまり言わないのですが、ONE FOR ALL ALL FOR ONE
本当にしっかりと実践できたら、それだけで素晴らしい人間になれますよね。なかなか実践するのは難しいですが・・・。

2007/05/20 08:40
shinoさん、メッセージありがとう。
人生の中には、出会う何人かの親父、師匠があるように思います。
目標、理想とする人、うそのつけない人、みすかされてしまう人、
敬の対象が必要だと思います。
マイヒーローとの出逢い、
そして新たな自分自身との出逢いが大切ですよね。

2007/05/20 08:48
林先輩メッセージ本当にありがとうございます。同感です。      僕がラグビーを愛する理由は多くありますが、その大きな要因にラグビーはもっとも野生的でありながら最も平和なスポーツだとゆうことが上げられます。                             ラグビーは本当に死力を尽くして完全燃焼出来る団体スポーツだと思います、役割分担はあるが全員一つになって勝つ事に集中し、戦闘心を持続させる。敵を殺す気でタックルしたりする。
しかし厳しい状況の中でもルールを守ってーもし破ってしまったら直ちに罰を受けて劣勢を挽回出来るようまた戦闘心をもって走り続ける。ノーサイドまでー
戦いが終わればみんな仲間。
ラグビーって人生そのものでありたいですよね。
武力戦争やめて世界中みんなでラグビーに打ち込めば平和な社会が生まれると僕は飛躍して思ってしまいます。
楽苦美人生 大好きです。頑張ります。   
みきお
2007/05/20 23:27
ダイマルさんメッセージありがとうございました。
マイヒーローとの出逢い・・・新たな自分自身との出逢い・・・

 私の青春のヒーローのMORIOKAさんを、この間のダイマルさんの
プログで見かけて、うれしかったです。

 毎日バタバタと過ごしてしまっている私に、新たな自分自身との
出逢いをみつけられますように、ゆっくりがんばりたいです。
有難うございました。





shino
2007/05/21 00:15
大変ご無沙汰しております。ブログをいつも拝見させていただきパワーをこっそりいただいております。また今回は林先生のブログに勝手に涙していましたので御礼を言わずにはいられませんでした。この場で失礼致します。ありがとうございました。人間”本気”になると”愛”が生まれてくる事をフォーラムの後体験させてもらっています。岡先生との愛情のお話しは羨ましく思え、勇気もいただけました。先生からは今後も困難にも負けない益々の感動、勇気を頂きたく思います。よろしくお願い致します。  岡先生のご冥福をお祈り申し上げます。
タカノ
2007/05/21 20:20
タカノさん、コメントありがとう。
嬉しく読ませて頂きました。
またフォーラムの同窓会をやりたいものですね。
お元気に益々ご活躍くださいませ。

2007/05/24 18:20
岡先生のご冥福をお祈り申し上げます。
私はラグビーゲーム中骨折をして入院中、岩波新書の
「ラグビー・ロマンー岡仁詩とリベラル水脈」を読ませていただき、
岡先生のお人柄に接することができて、再びプレーを続けることが
できました。同志社のラグビーはいいな。岡先生の教えがあるか、
と思ったしだいです。卒業した大学は明治ですが、関西の雄同志社も
応援させてもらっています。同志社がんばれ!
明治S58 OB 
2007/05/24 23:21
明治S58 OBさん、メッセージありがとう。
ラグビーロマン良かったよね。ノンフィクションライターの後藤さん、さすがにうまく書くなーって思いました。いろんなエピソードを絡めながら、同志社の流れ(水脈とでも言うのか?)が、立体的に表現されてました。岡先生の事もよくわかりますよね。
明治S58年OBさんは、58年生まれ?入学?卒業?
多分58年生まれかな。最近出版されたラグビーロマン読んで現役を続けられたって言うんだから。
ちなみに私はS57年卒です。

2007/05/25 13:00
明治S58 OBさん、メッセージありがとう。
ラグビーロマン良かったよね。ノンフィクションライターの後藤さん、さすがにうまく書くなーって思いました。いろんなエピソードを絡めながら、同志社の流れ(水脈とでも言うのか?)が、立体的に表現されてました。岡先生の事もよくわかりますよね。
明治S58年OBさんは、58年生まれ?入学?卒業?
多分58年生まれかな。最近出版されたラグビーロマン読んで現役を続けられたって言うんだから。
ちなみに私はS57年卒です。

2007/05/25 13:00
林さん、早速コメント頂戴し、ありがとうございます。
私はS58卒業なんです。現役といっても今は40歳以上の
不惑チームです。一緒にプレーする人の中には学生の
頃からの人も社会人になって始めた人も、元日本代表の
人もいます。ラグビーを楽しむ、プレー中は苦しいけれど、
ラグビーを続けている幸せで美しく思える人生を
皆さん送ることができています。「人生ラックありゃ、
モールあるさ、涙のあとにはハイパント」って水戸黄門の
歌にもあるじゃないですか。(笑)
明治S58 OB
2007/05/26 01:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡仁詩先生を偲んで 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる