林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS NPO法人ヒーローズ (兵庫)

<<   作成日時 : 2006/11/26 09:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

10月30日、NPO法人ヒーローズを設立いたしました。3月20日大阪ロイヤルホテルで設立パーティーを行います。画像

NPO法人ヒーローズは、より多くの人々が、人生を夢に向かって楽しんで生きていくことができるために、自らが発信源となり、周りの人々に、夢を語り、感動を伝え、満足を与える力を身につけることにより、だれもがそれぞれの人生のヒーローになれるよう支援し、豊かな共生社会の創造と将来世代の育成のために活動することを目的に設立されました。
HEROESのHは、HAPPY、HEALTH、HUMAN、人間に関すること、心と体と社会の健康に関すること、幸せを感じることのHです。そしてEはEDUCATION、EMOTION、ENCOUNTER、自分とのそして人との出逢いを作り、未見の自己への出逢いそれ自体が教育そのものであり、出逢いにより感性が育てられるのです。この3つのHと3つのEに関する事業を行なっていく予定です。
現代を一言で言えば、「乾いた時代」と言うキーワードが浮かんできます。世の中の湿り気や潤いが乾いてしまって、何となくパサパサ、あるいはカサカサとしているのではないでしょうか。
例えば家を作るにしても、湿式工法から乾式工法へ変わってきたと言われます。昔の家は湿式工法で立てられ、漆喰を練ったり、セメントを混ぜたり、家を建てるにしてもたくさん水を使いました。ところが現代は、乾式と言われる工法で、水を使わずに家が建ちます。同じ様に時代とともに、日々の生活の中で、水分気が減ってきているのではないでしょうか。
お絞りでもぬれている時はずっしりと思いのですが、乾いてくるとカラカラになって、軽くなってしまいます。同じ様に生活の中の水分気が乾いてしまって軽くなってきました。生きていることや、命が軽くなると、自分の命を絶ったり、人を殺したりします。そんな中で今必要なのは潤い、適度な湿り気ではないでしょうか。そしてその湿り気は、汗や涙から生まれるのではないかと思います。
私はラグビーと言うスポーツを通し、汗や涙を流し、さまざまな感動、わき上がる瞬間を体験しました。飾ることが出来ず、作ることも出来ず、とめどなく涙があふれた瞬間、そこに紛れもない私がいて、真実があったと思います。飾れたり作れたりするものは真実ではありません。人にどう見られるかに関係なく、ただ涙があふれた時、私は私であり、人に見せる自分ではなく、そこにまぎれもない私がいました。
 ある哲学者のことばです。「人間は感動している時だけだ、自分が自分に返れるのは。これは天与の英知だ。感動できない人間は自分が自分からバラバラだ。感動した時に自分が自分に戻る。生きていることが鮮やかになる。生が鮮やかになる」
 この感動、心の揺さぶりの中からしか、涙、湿り気はわいてこないのではないでしょうか。感情が揺さぶられずにいたら、感情が固まってしまいます。感情硬化症と言うのはオウム真理教の事件の時に言われた言葉です。感情が固まってしまって、だから人の痛みや悲しみがわからないし、人の涙の中にも入っていけません。湧き上がってくる元の感性が固まってしまっていたのです。
 湧き上がってくるのは感性の中からです。怒りや笑いや悲しみや涙、皆感性からわきあがってくると思うのです。湧き上がるものがない中から、夢や希望や憧れが湧きあがってくるはずもありません。中でも真我から湧き上がる美しいものを大切にしなければいけないと思うのです。私はラグビーの現役を引退してから、体験した感動を伝えよう、湧き上がる体験を伝えようと、感性教育の道を志し、思えばワンテーマでやってきました。
 阪神淡路大震災から10年が経った時、神戸では色々な催しが行なわれました。私も何か出来ればと、愛したラグビーや研修の講師として学んだことを将来世代に伝えていこうと、「将来世代育成プロジェクト〜ラグビー寺子屋」を企画、開催いたしました。
 今回その活動を発展させ、青少年の育成支援事業、スポーツの普及発展の支援事業、感性教育・スポーツ教育の研究事業、健康増進を図るために必要な事業、スポーツマンのキャリア開発支援事業等を行うためにNPOを設立し、活動を開始したいと思っています。
 まだ立ち上がったばかりのNPOです。どんな活動が出来るかは未知数ですが、私に夢を語り励まし、私の持ち得なかった新たな自分のイメージに出逢わせてくれた、憧れたヒーローがいたように、私もひょっとしたら誰かのヒーローになれるかもしれません。いや、本当はみんなが自分自身の人生の、そして誰かのヒーローであるのです。
そんな思いを込め、人々が、潤いのある、素晴らしい人生を送っていくことを支援するためにNPO法人ヒーローズを設立いたしました。精一杯活動していきますので、ご指導、ご鞭撻、いただきます様、よろしくお願い申し上げます。

1.この法人は、この目的を達成するため、次の事業を行います。
(1) 特定非営利活動に係る事業
@ 青少年育成の支援事業
A スポーツ普及発展の支援事業
B 感性教育・スポーツ教育の研究事業
C 健康増進を図るために必要な事業
D 他団体・グループとの活動提携及び事業支援、協力事業
E その他、この法人の目的達成するために必要な事業

(2) その他の事業
  @ 物販、及びイベント事業

(2)のその他の事業は、(1)に掲げる事業に支障がない限り行うものとし、収益を生じた場合は、(1)に掲げる事業に充てるものとします。

写真はヒーローズのロゴになってる、スポーツイラストレーター尾中さんの原画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
感動する事の大切さ。
さっき林さんのブログを読んでいてつくづく感動するって人間にとって大切な事なんだな。と思いました。今の世の中、昔に比べて感動する機会が少なくなっている気がします。心が揺さぶられるような感動を、もっともっとしないと人間が人間でなくなってしまうのではないでし... ...続きを見る
生涯現役を目指して〜41才からの再チャレ...
2006/11/28 22:38

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
少しだけラグビーファンです。林さんの現役時代、テレビでその雄姿を拝見しておりました。
感性教育のことはよくわかりませんが、林さんのあの戦う姿はほんものだった(うまく言えませんが)ように思います。ですから、ほんものはきっと人に(子供達に)伝わると信じてがんばっていらしゃるんだと勝手にこちらで解釈して、少しだけ、ちょっとだけですが、応援していこうと考えています。
OZ
2006/11/26 13:42
いよいよHERO'Sがスタートですね!近頃毎日のように新聞紙上をにぎわせているいじめなどの問題を考えるとき、思春期の子ども達の精神的なもろさに驚くことが多いのですがそれと同時に理想とする大人の姿が失われているとも感じられてなりません。父親、母親、先生などの近しい存在に憧れや尊敬の念を抱けなくなってしまっているようです。何年か過ぎてしまえばどうってことのないことも、思春期の時期には人生の全てのように思えるのでしょうが、何か打ち込むものさえあれば乗り越えてゆくことも出来るでしょう。HERO'Sの活動を通して、たくさんの人間の心を動かし、揺さぶっていただければと願ってやみません。
mt'pao
2006/11/28 09:07
林さんこんばんは。NPO法人ヒーローズ頑張ってください!応援しています。
今、林さんの自伝、楕円球の詩を読んでいるところです。
最近の世の中には、心が揺さぶられるような感動があまりにも少なさ過ぎると私は思います。その結果、人の痛みや苦しさが分からず、他人を平気で痛めつける若者がいたり、若者だけではな同じような大人も沢山います。

私は高校生の時、スクールウォーズを観てとても感動してますますラグビーが好きになりました。テレビを観ながらぼろぼろ涙を流した記憶があります。
林さんの本の中の「ホポイの激」とても心に刺さりました。
実は私、以前ホポイと同じチームにいました。ホポイはとても優しく強い人間でした。私は事情があり、途中でラグビーを投げ出してしまい、自ら去ってしまったという過去が有るんです。ですから41才になった今、自分自身にけじめをつけるためにも必ずグランドに立ってまたプレーしたいです。最近、息子(高校ラガーマン)に刺激されたり、回りの環境の変化が重なり、心が動き揺さぶられています。
surftn1173
2006/11/28 22:00
ヒーローズの設立おめでとうございます。
酒田でラグビー寺子屋を開催していただいてから、もう1年半になるんですねー。自分はあの時の林さんの熱さの何分の1かでも、自分の関わっている高校生ラガーたちに伝えられているのでしょうか・・とくに今年は例年にない仕事の忙しさで、思うように練習にも行けず、反省することばっかりです。 それでも彼らといいラグビーをしたい、と思います。ちょっと緩みすぎた身体をまた少し作り直して、自分のプレーも楽しみたいですねー。
林さんの今後のますますのご活躍、ヒーローズの前途を陰ながら応援させていただきます。お身体に気をつけてがんばってください!
酒田・ほっしー
2006/12/01 21:06
今日、H2Oのことを知り、
ちょっとコメントしようと覗きにきました
ぼくは神戸のプレーを見て学んで育った世代です。
当時、花園で見る神戸のRugbyがぼくの教科書でした。

林さんの情熱はあの頃と変わってないですね。
ぼくは、10年playしましたが
正直、今はもうRugbyからはだいぶ遠ざかった生活をしています。。。
現役時代だいぶ無理なさったと思うので
身体に気をつけてがんばってください。
今年はRugby見に行きます。

Dylan
2006/12/02 00:08
OZさん、コメントありがとうございます。伝わる物は、私自身の感動だと思います。こちらの内面を皆に見透かされると思います。地道な活動ですが、積み重ねたら、大きなものになるのではないでしょうか。応援よろしくお願いしますね。
パオさん、いつもコメントありがとう。先日の応援もありがとうね。人はやはり夢とか理想、志を持つ事が、スタートですよね。それを持つ事によって気力が湧き、初めて理想と現実のギャップを埋めて行こうとします。何か目指すものを見つける、ターゲットを持つ事が大切ですよね。そのためにはいろんな人、素晴らしい人に出会って、あるいは思想に出逢うために本を読まないといけないのでしょう。そして実践し、人生の苦楽を体験しつくす、これが人間を作っていくために必要なことなんですって。最近読んだ本に書いてありましたが、まさにそうですよね。PTA会長は色々大変だとは思いますが、お互いに頑張りましょうね。

2006/12/03 00:10
surftn1173さん、コメントありがとうございます。PTA会長のパオさんにも子供の教育、成長過程での話のように書いたのですが、自分の人生のヒーローたる為には、自分自身の人生の目的をしっかりみつめ、理想を描かなければなりませんよね。ヒーローとは目標に向かって努力し、人生の苦楽を体験しつくし、それでも前進していく人の事だと思います。私自身教育の仕事しながらいつも現実とのギャップに悩みますが、謙虚に自分をみつめ、一緒に成長していきたいと考えています。なんか解かりずらいこと書きましたが、お互いに頑張りましょう。
欲しーさん、ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。思えば私も、ラグビーのおかげでたくさんの事を教えてもらったなーと思っています。少しでもそういった物を伝えていけたらな・・、伝えるべきものがラグビーの中にはたくさんあると思っています。またその内酒田にも遊びに行きたいですね。それではお元気で。

2006/12/03 00:20
Dylanさんコメントありがとうございます。情熱は変わっていないですよ。もっともラグビーやって優勝すると言う目標から、今は違う目標を追っかけていますけどね。いつまでも熱く生きて生きたいなと思っています。それ自身がラグビーから学んだ事ですしね。最近気付いたのですが、私の人生のワンテーマは、わき上がるものを感じ、伝えたいと言う事ではないかと思うようになりました。そのためにラグビーと出逢わされ、プレーして来たのかな?なんて思ったりもしています。いずれにせよ、わき上がるものを感じながら、鮮やかに行きたいなと言うのが、終始変わらぬ私の人生の目的のような気もしています。それではお互い元気に頑張りましょう。

2006/12/03 00:28
林さん、始めまして。
私は釜石全盛期にRugbyに出会い、Playし神鋼にあこがれた者です。
特に高校の主将は林さんのPlayに取り付かれていました。
林さんはじめ、大八木さん、平尾さんといった方々の活動は以前より知っており
ましたが、H2Oの発足で益々、2015招致に向けてもいろいろな活動をされ
ることと思います。
是非、関東でもイベント、講演会を開催していただければと思います。
お待ちしていますので、よろしくお願いします。
とりさん
2006/12/09 08:59
さんぼさん、コメントありがとうございます。
ラグビー魂、読んでいただけましたか。ありがとうございます。
実は、原稿を見直した時、一箇所だけ、真ん中だけ直したく、あとの文章は文章はそのままでいいよという意味で、・・・○○○・・・書き直したところがあったのですが、その・・・の文章が抜けてしまって、本当に、・・・○○○・・・と出た箇所がありました。思い入れのあった部分なので、結構ショックでした。―――○○○―――と書くべきだったのでしょうか・・・。いずれにしても、推敲の原稿が読みにくかったと反省しています。

2006/12/10 00:36
とりさんさん、コメントありがとうございます。
実は明日、同志社大学のキャンパスで、ワールドカップ誘致のイベントを行ないます。基調講演は日本ラグビーフットボール協会森会長(前首相)パネルはH2Oの3人と同志社大学の、真山教授、コーディネーターは横山教授です。またラグビー寺子屋を行なったり、講演会をする機会があればいいなと思っています。

2006/12/10 00:44
お久しぶりです!!

林さん、やっと発見しました★☆
林さんお写真とてもダンディですね!

またお会いできる日を楽しみにしています◎^v^◎
かりりん(林♀)
2006/12/11 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
NPO法人ヒーローズ (兵庫) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる