林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワークショップ (兵庫)

<<   作成日時 : 2006/07/05 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

モティベーションのワークショップにパネリストとして参加します。

このワークショップは、現代経営学研究所と神戸大学大学院経営学研究科との共催により、産学連携のプロジェクトとして、また研究成果の社会的還元の場として開催されているものです。
今回のワークショップは、「モティベーションを極める視点 ―理論と持論、感動と集中、体系的エンジニアリング―」と銘打たれていますが、パネリストは、市川 伸一氏(東京大学大学院教育学研究科 教授)小笹 芳央氏 (株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役社長)谷川 浩司氏(棋士 永世名人)と私です。ディスカッサント(指定討論者)は高橋 潔(神戸大学大学院経営学研究科 助教授)司会は金井 壽宏(神戸大学大学院経営学研究科 教授)です。
モティベーションはチーム(組織)運営の中での大きなテーマです。私はモティベーションの原点は、ラグビーや研修の中で体験した「湧き上がってくる体験」、「感性から湧き上がるもの」にあると考えています。そうそうたるメンバーに囲まれて、何が語れるのか少し不安ではありますが、私なりの思いを熱く語りたいと思っています。

「モティベーションを極める視点 ―理論と持論、感動と集中、体系的エンジニアリング―」
• 日時: 2006年7月8日(土) 13:30〜17:00
• 場所: 神戸大学大学院経営学研究科 本館(予定)
• 共催: 神戸大学大学院経営学研究科
• ワークショップ企画の趣旨
経営学の中で、人間の問題を扱っている組織行動論(organizational behavior)の二大トピックをあげれば、それはモティベーションとリーダーシップでしょう。本ワークショップでは、その1つ、モティベーション(動機づけ、意欲、やる気)を取り上げます。仕事意欲を喚起し高揚させるための実践を念頭におき、視野を広げ、複眼思考でモティベーションを極めるために、2つの工夫をいたしました。
1つは、ビジネスの世界以外に、教育の世界、勝負の世界(将棋、ラグビー)を、射程に入れたことです。ワーク・モティベーションに限定せずに、やる気の問題を複眼的にみようというわけです。モティベーションを学ぶのに、ビジネスだけを材料にすると見落としがあるでしょう。われわれは、仕事に打ち込む前に、勉強やスポーツをする時期を過ごしています。仕事に就く以前に、子ども、学生のときから打ち込むものがあるのは、人生に張りを与えます。また、仕事をゲームのように楽しめるひと、スポーツしているように仕事上の課題に集中できるひともいます。気持ちの高揚、感動、集中の持続について、対局やチームプレーの中の高度なモティベーションの経験者の生の声にふれることを大切にします。
もう1つは、学者の理論と実践家の抱く持論の双方に注目することです。学生時代に、なぜ勉強や勝負事に打ち込むのかについて、持論(あるいは自論)をもっているなら、フルタイムで働くようになっても、なぜ働くかについて、持論(自論)をもてるはず、それが本人のモティベーションに影響を与えます。
ほかならぬビジネスの世界でも、ようやく日本企業が元気を取り戻し始めた今、モティベーションこそが重要課題になりつつあるという認識が、各種の報告書で見られるようになってきました。経営戦略が軌道に乗ってからモティベーションに注目するというのでなく、モティベーションもまた戦略と連動しなければなりません。そこから、モティベーションを体系的にエンジニアリングする取り組みが生まれました。
本ワークショップは、このような観点から、教育心理学、コンサルティング、将棋、スポーツの分野で大活躍の方々をお招きし、教育心理学と経営学の対話、経営の実務と経営学の対話、将棋の世界、スポーツの世界と、仕事の世界の対話を実現するための企画です。当日はまず、共同問題提起を行い、そのあと多面的な角度からパネリストの知恵を交差させつつ、議論をしていきたいと思っております。皆様方の多数のご参加を期待しております。
• プログラム
13:30-14:30 共同問題提起   市川 伸一氏
(東京大学大学院教育学研究科 教授)
金井 壽宏
(神戸大学大学院経営学研究科 教授)
14:30-14:40 コーヒーブレイク
14:40-17:00 パネル討議 パネリスト
    市川 伸一氏
(東京大学大学院教育学研究科 教授)
小笹 芳央氏
(株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役社長)
谷川 浩司氏
(棋士 永世名人)
林 敏之氏
(株式会社神鋼ヒューマン・クリエイト 元ラグビー日本代表)
  ディスカッサント
(指定討論者) 高橋 潔
(神戸大学大学院経営学研究科 助教授)
  司会 金井 壽宏
ご興味のある方は、現代経営学研究所事務局までお問い合わせ下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
投資 ブログ アパート 銀行 銀 顧問
投資のブログで投資とアパート。銀行と投資。銀への投資は。投資顧問は本当は?海外投資ではタイへの投資?投資のソフトは。投資の物件は。投資 新宿では、投資の税金では?情報満載 ...続きを見る
投資
2006/12/05 09:53
心理学 教育
教育心理学においては、主に乳児期から青年期にかけての人間の精神および知能の発達や人格形成などと教育の関係を取り上げる。又、教育過程の諸現象を心理学的に明らかにし、効果的な教育の方法を見つけ出そうとする。さらに、教育の場面に現れる問題を一般心理学の見地から... ...続きを見る
心理学@心理学
2007/05/17 22:28
大学 心理学
大学 心理学本専修課程は、1903年に我が国で初めて心理学実験室が設立されて以来の長い歴史を持っており、心理学の基礎的領域における教育と研究を行っている。現在、教授4名、助手2名、日本学術振興会のPD・研究生・大学院生・学部生ら80数名が心理学研究室に所属... ...続きを見る
心理学@心理学
2007/05/18 01:57
金井壽宏『リーダーシップ入門』。
 神戸大学の金井先生は日本のリーダーシップ研究では最も露出度が高い研究者だ。私が社会人大学院に通うきっかけとなったのはリーダーシップに興味を持ったからで、そういった意味では、『リーダーシップ入門』にはもっと早くに出会っていても良かったのかもしれない。本書を紹介頂いたのは法政大学社会人大学院で教鞭をとる近能先生である。イノベーション・マネジメント概論の講義で紹介された。 ...続きを見る
五感の結び目。<書評・随想・ライナーノー...
2007/06/17 09:34

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは林さん。
パネリストの仕事お疲れ様です。
何やら難しい内容のタイトルですが、
内容的には企業内でも、
よく言われてるような事じゃないかと思います。

長丁場ですが頑張ってください。
ワトソン
2006/07/05 09:34
ワトソンさんコメントありがとうございます。
ワークショップ無事終わりました。
約200名の方が参加し、過去最高の参加人数だったようです。
手前味噌のようですが、いいワークショップだったと思います。

2006/07/11 17:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワークショップ (兵庫) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる