林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラガービアーズ30周年パーティー と 新潟ラグビー寺子屋 (新潟)

<<   作成日時 : 2006/03/30 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像3月26日 新潟県ラグビー協会60周年、ラガービアーズ30周年を記念して、新潟でラグビー寺子屋を行なった。

25日夕刻新潟に到着。3年ほど前、桜とシダの会でお世話になった新保さんと神田さんが迎えてくれた。新しく出来た朱鷺メッセに登る。新潟の町が一望できる。北を眺めると日本海を挟んで佐渡島が見える。南の山々には雪が輝いていた。街の真ん中を流れるのは信濃川、日本で一番長い川は、長野に行くと千曲川と呼ばれるのだそうだ。
ホテル新潟にチェックインし、食事に出かける。路地に入った所の2階にある「かまくら」で食事。桜とシダの会で来た時にもつれてきてもらった店だ。三膳さん金子さんキャプテンの清水さん等も合流し食事。一杯飲んだ後、ホテルに帰って休む。
朝新潟工業高校へ、県内の高校生ラガー新2年生約45名の指導。新潟県勢とは花園で我が故郷の徳島代表が何度か戦いそして敗れている。今年の全国大会では1回戦の阿波高校(徳島代表)対新潟工業、2回戦の新潟工業対桐蔭学園のテレビの解説をした。阿波高校は新潟工業の強力なモールプレーでトライを重ねられ、1回戦で敗れた。新潟工業は準優勝した桐蔭学園には敗れたが、新潟県としては2回戦突破が今後の懸案。
練習はパスと当たりの基本プレーをやった。練習をしてみた感想としては、皆とっても素直ということ。素直で吸収は早かったと思うのだが、ちょっと控えめと言うかおとなしさを感じた。新潟人の特性のようなものがあるのだろうか。最後はピンボールと言うフォワードプレーの応用をしたトレーニングをしたが、だんだんと練習も盛り上がり熱を帯びあっという間の2時間だった。
ホテルに帰り、県協会60周年、ビアラガーズ30周年記念の講演会。楕円球の詩〜青春をラグビーに懸けて〜と題して話をした。一番前に座った小学生2人と涙を拭きながら話を聞いてくれたお母さんが、話の後で質問にたずねてくれた。
「どうしたら大きく強くなれるんですか?」と言う子供の質問に、「好き嫌いせずにしっかり食べなよ。体を大きくすることも大事だけど約束を守ることも大事なんだよ。約束は人とするだけじゃなくって、自分ともするんだ。自分との約束を破らないこと、そんなことが君自身を強くし、それがプレーに出るんだよ」と話した。
お母さんが「神鋼の試合の後の食事会券が当たりスティーラーズのメンバー達と食事した時に、吉田さんに親しくしてもらって、手紙をもらったりして、この子は神戸製鋼でラグビーをやるって言ってがんばってるんです。それまでと見違えるように変わったんです」と言って涙ぐんでおられた。
また別の高校生が「どうしたらパスが伸びるんですか?素質がないとダメなんでしょうか?」と質問に来た。どうやら最近ラグビーを始めた子のパスが良く飛んで、どうしたらいいのかと考えていた様だ。「人間同じ顔の人は2人とおらず皆顔が違うように、能力も皆違うんだよ。だからその人だけにある飛びぬけた能力が必ずあるんだ。パスが速いということだけではなく、ハーフにはフォワードを動かすのが上手いだとか、ボールを持つまでが早いだとかいろんなタイプがあるんだよ」早稲田の選手に憧れているそうだったので、「手紙を書いて会いに行ったらいいじゃない」とアドバイスしておいた。二人ともどういう風に感じてくれたでしょうか・・・。
その後でビアーラガーズ30周年記念パーティー。協会関係者や、来賓の挨拶に続いて、各人が思い出話を語りました。30年と言うのは偉大ですね。10年恐るべし、20年偉大なり、30年で歴史なるという言葉がありますが、やはり継続は力ですよね。
私はラグビーとは単に試合だけを言うのではなく、試合の前の緊張感から、グラウンドでの激しい試合から、そうしてその後のアフターファンクション、ラガービアーを飲みながらの懇親会、全てを含めたものだと思っています。オックスフォードで一緒にプレーしたルームメートのギャリーが言ってました。「Lot's of Rugby lot's of party, my favorite day」
ラガービアーズの様にラグビーを愛する人たちが、日本のラグビーを支えているのだと改めて思いました。結構ビールを勧められ、飲むほどに酔っ払いラグビー談義に花が咲きました。最後はへぎそばを食べ、久しぶりの新潟を堪能しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
将来を背負ってくれる若い人たちに、夢と希望を与えている仕事をされていることに、うれしく思います。講演に参加した若者が、将来、たくましいラガーマンとなって活躍することに期待しています。
そのような仕事を続けてください。
素浪人
2006/03/30 10:03
新潟に来ていただきありがとうございました。
講演会の後、おかあさんと小学生との会話があったのは、
はじめて知りました。
約束は自分ともする、いい言葉ですね
寺子屋の原点のようなきがします。
しばらく林さんの余韻に浸ろうと思います。
お互いに酒の飲みすぎには注意しましょう。
またお会いしましょう。
棟梁
2006/03/31 18:10
素浪人さん、返信を頂きありがとうございます。「教育とは夢を語ること」山口先生がそう言っておられました。私も若い頃、夢を語ってもらった訳ですが、今度は語っていければいいな、そうして共感していければいいなと思っています。

2006/04/01 12:05
棟梁さん、新潟では大変お世話になりました。新しい出会いが嬉しかったです。食事に行ったお店の名前○○○は何でしたっけ。棟梁さんがコメントで教えてくれるかなと思ってたんですが。教えてもらったら書き直しますので・・・。へぎそばうまかったです。ご馳走様でした。

2006/04/01 12:12
自分との約束・・・、子供だけでなく大人にとっても大切なことですね。
自分との約束を守れなかったことっていくつもあるように思うのですが、だからといってあきらめることに慣れてしまってはいけないのですね。
あきらめることに、妥協することになれてしまった大人こそもう一度自分との約束を思い出したり、約束を交わすことが大切なのではないかと感じました。
mt,pao
2006/04/04 10:01
パオさん、コメントありがとう。何かを決心してやろうと思うけど、3日坊主になってしまうことってありますよね。そんな時はこの言葉「3日坊主、100回やれば300日」。何事もまずはじめてみることって大事ですよね。

2006/04/10 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラガービアーズ30周年パーティー と 新潟ラグビー寺子屋 (新潟) 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる