林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 無題

<<   作成日時 : 2006/01/30 07:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

無題って言うのは変なタイトルですが・・・

何にしようかなって考えて、これと言って出てこなかったのでこれにて失礼します。
「無用の用」って言う言葉があるけど、僕はこれも好きですね。何のためとかそんなことじゃなくて、特別な用事があるわけではないけど、会いたいなと思って人と出会い、触れ合えたら良いですね。
週末ではなく月曜朝のアップになってしまいましたが、先週は感性フォーラムをやりました。今回で59回目。2泊3日、受講生の方たちと、同じ時間・空間を共有し、さまざまな人生を体感しました。研修で疲れたせいもあり、昨日はビールを飲んで、久しぶりに早い時間から爆睡し、朝の書き込みになり間した。
先日、「おのずからとみずからのあはひ」と言う言葉を聞きました。どういう事かというと、「おのずから」と言うのは、おのずからそうなるもの、自然とそう動いていくもの、まあ宇宙の働きみたいなものと考えたらいいのではないでしょうか。「みずから」とは私と言うことですよね。『あはひ』と言うのは簡単に言えば「間」と言うことですが、間合いが最初からあってそこに入っていくのではなく、自分がいることによって、新しく生まれ常に生成していくそんな関係、間合いのことを『あはひ』と言うんだそうです。心と言う私的なものを持って、公と言える体を持っている私(みずから)が、おのずからそうあるもの、社会や世界に対しどんな「あはひ」を作っていくか、これが人生ですよね。
もともと人という字は、『ひ』(霊と言う意味を持つんだそうです)と『と』(戸、扉のように出たり入ったりするところ)と言う意味があるんだそうですが、そこから魂が生まれ、また消えていく、そんな意味を含んでいるんだそうな。そういう意味で私が生まれるがゆえに生まれる間合いがありますよね。人のあはいを人間と言い、この時(時間)と場所(空間)を生きていく。
私たる心と公たる体を持った「みずから」が、「おのずから」のものに対し、どんな「あはひ」を生きていくのか、いかに公共を作っていくかが人生ですよね。
感性フォーラムを通じ、受講生の方たちと、いろんな人生を共有・共感させて頂きました。
それからもう一つ別の話ですが、枚方パークの菊人形が終わりましたが、菊師の方のインタビューの話を聞きました。あなたが師匠から教わった教えは何ですかと聞かれ、「菊を作らず人を作れ」と言うことだと答えたんだそうです。菊を作ろうと思うよりも、おまえ自身を磨けよと言うことでしょうか。何にでも通じますよね。やっぱり私自身を磨かなければいけません。
私(みづから)を磨くことにより、社会(おのづから)との関わり(あはひ)が変わって、人生が作られていく。自分を磨かないといけないですね。
本当に雑感と言う感じで、無題ですが、1週間目にして早速ブログをサボってしまわず、何とか書けてほっとしました。自分を磨くどころじゃないですよね。決めたこときっちりやることからはじめたいと思います。それではこの辺で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
人のあはいを人間と言い、この時(時間)と場所(空間)を生きていく。

面白いですね、、、 
私は 最近 江原さん の本を読んでいるのですが、
なんか 通じるものが あるような・・・

私(みづから)を磨くことにより、社会(おのづから)との関わり(あはひ)が変わって、人生が作られていく。

磨かなくっちゃ・・・
さんぼ
2006/01/30 14:33
 こんにちは!林さん。先日、吹田の講演会で、大変いい話を聞かせていただき本当にありがとうございました。そのお話の中で「力は使命を感ずるに発する」という言葉を教えていただいたのですが、これは誰が林さんに教えてくれた言葉だったでしょうか?自らが使命と感じ、自分のすべての時間を注ぎ込む気持ちで、本気を出せば、力は自ずとでるんだよ。とお聞きしましたが。高校代表のときの山口先生でしたでしょうか?また出典などあるのでしょうか?林さんが考えた言葉ともとれたのですが!?または元々有名な格言などでしょうか?大変、思い当たることも多い、いい言葉なので、自分の仕事の上でも、自分なりに解釈して使わしていただこうと考えたときに、あやふやでは情けないので、もし詳しくお知りなら、ぜひ、お教えください。
PS 神戸高校に勤めている友達が、震災のとき、林さんがよく高校で練習されてたと言っていました。あの頃も、いろんな困難な状況の中で頑張ってはったんやナア。と感心しました。寒いですが、気合で頑張りましょう!
阪神タイガースがんばれ!
2006/02/04 16:17
さんぼさん、コメントありがtぷございます。
ひと、とき、ところ、とひらがなで書いたほうが良かったですね。
ひとの間合いを人間、時の間合いを時間、ところの間合いを空間と言うのだそうです。私たちは時間軸と空間軸の接点、いま、ここを生きてるんですよね。なかなか出来ませんが、人間的に成長したいものですよね。

2006/02/04 23:13
阪神タイガースがんばれ!さん、コメントありがとうございます。
正確には「力は使命の感より発す」です。誰から聞いたのかはっきりと覚えていませんが、多分山口先生か、大西鉄之助さんか・・・、ちょっとはっきり覚えていません。
使命とは、命を使うと言うことですよね。このためにならこの命使ってもいい、死んでもいいと思うものが、使命です。使命を感じたら(命を賭けたら)力が出て当たり前ですよね。
人間はその物事に最高の意味や価値を感じたら、このためになら死んでも言いと思うんですよね。
神戸高校の近くに住んでるもので、震災のときはよくグラウンドを借りました。それでは。

2006/02/04 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
無題 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる