林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神鋼対サントリー

<<   作成日時 : 2004/12/26 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
神鋼対サントリーの試合、久々にいい試合でした。

三宮から応援バスツアーに広瀬氏とゲストとして乗り込み、花園を目指しました。

トヨタに勝って調子を上げてきたサントリー、チームを早急に整備しもうこれ以上負けることができない神鋼、かつての日本選手権を思い出させるような(ちょっと言い過ぎか)ラグビーらしい激しい試合となりました。昨年のトップリーグスタートの初戦を飾ったカードだけに、花園には約15、000人の観客が集まりました。

往路では、選手のメッセージビデオを見、私が試合の見所などを解説しました。
この日の見所は、サントリーの早い攻撃に対しての神鋼のディフェンス、玉際の競り合いで前に出られるかどうか(まあこれはどんな試合においても言えることですが、特に展開の早いサントリーに対しては受けてしまってはだめ)。それからこの日始めてフルバックとして出場した斉藤裕也の動きでした。

2時キックオフ、やっぱりバックス相手には斉藤は強いですね。スピードはもともとあるし、前半38分分、相手ゴール前ペナルティーからクリブが持ち込んで出た玉を右展開し、でボールをもらうと、相手タックルを外してトライを決めました。しかも強引にゴールポスト方向に回り込んで、最後は相手ディフェンスにぶち当たりながらのトライでした。人数が余っていなくてもトライに結びつける彼の強さは魅力です。

大畑も久しぶりに見せてくれました。快速をとばして、2トライをマークしました。やはり間合いがあったときの大畑は良いですね。ここぞと言う場面に走りきります。

もちろんトライを取るべき人間がトライするというのは、残りのプレーヤー達が良く動き機能しているからです。トップリーグの拮抗した激しい試合の中で、トライチャンスはそんなに簡単にはつくれません。一瞬の隙をつくるかつくらないかが勝負の別れめですから。

神鋼は最後まで運動量が落ちず、良く機能していました。今シーズン今までのベストゲームでした。初めての良い試合といっていいと思います。良く動いてたのがロン・クリブ。194センチ110キロの体格とを生かし(結構スピードもありステップも踏む)ゲインを切っていました。激しい攻防の中でゲインを切れるプレーヤーは貴重(神鋼で言うなら後はホラ、斉藤あたりでしょうか)。ロイス・ウイリスもフォワードプレーの核として良く仕事していました。それから伊藤剛臣、池上。交代出場した松井も良く動いていました。

今村のキックも今日は友好でした。地域を稼ぐ左右のタッチキックと敵陣奥へのロンググキック。ロングキックのカウンターを前に出たディフェンスがしっかり止める場面がいくつかありました。風がなくボールを蹴りやすかったのもあるでしょうが、周りが良く動いてこそキックが有効な場面も生まれるしカウンターへの対応も良く、結果としてナイスキックが生まれます。やはりチームとしての動きが大切ですよね。元木、苑田ら他のメンバーも誠実にプレーしていました。

久々に良い試合でした。でも手放しには褒められません。スクラムのセットが相手よりも高いのも気になりますし、軽いハンドリング、慌てて放るパスやラックのボールコントロールの悪さからのターンオーバー、入れるべきコンバートを外してしまったのも問題です。

本当に良い試合で、一つのチームとしての気持ちのつながりを感じた試合でした。しかし、ちょっと辛口に言うと、それは当たり前の事なのです。そうでなければ勝てない。本来そうでない試合をしてはいけません。過去の事を言ってもしかたありませんが、今シーズン気持ちが入らずに負けてはいけない相手に負けたのが大きく響いています。そういう意味ではこの試合は及第点だったと言えるでしょう。まあいずれにしても気持ちの良い試合でした。

帰りのバスの中も盛り上がりました。勝って気をよくしたこともあり、ラグビー物語、ちょっと良い話を熱弁させてもらいました。応援グッズ、プレゼントも当たり、バスツアーの人たちにとってもいい1日だったと思います。帰りは皆さんと握手して別れました。(写真はバスツアーの記念撮影、花園前にて)

次のヤマハ戦、マイクロソフトカップでのスティーラーズの活躍を期待したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日の神戸vsサントリー、本当にいい試合でしたね。
私も花園行きました!本当は秩父宮へ行く予定だったのですが、前日に出場メンバーを見て、斉藤選手のFB起用「これはなにかある!」と、無謀にも(?)急遽新幹線に飛び乗ってしまいました・・・行ってよかったです。
次のヤマハ戦、そしてマイクロソフトカップ、日本選手権に期待の持てる内容で、ますます楽しみになってきました。

さてさて、本日は同志社vs慶応戦。こちらも同志社の勝利を期待します。

PS 昨日花園へ行ってしまったため、IBMの初勝利を見逃してしまいました・・・こちらは残念。
hiromi
2004/12/26 13:02
林さんのコメントの中で「一つのチームとしての気持ちのつながりを・・」「誠実にプレー・・」の二つに共感しました。いずれも読み方によっては漠然とした言葉のようですが、確かに落としてはいけないリコー・三洋戦には、この部分が見えない時間があったように思います。
 また斎藤選手のトライは、一歩でもポスト近くにという、基本に忠実なプレーであるとともに、海外で身に染み付いたのであろう執念を感じました。相手のキックに対して、常に全力でチャージに行ったり・・というのは非常に「しんどいし疲れる」プレーでしょうが、かっての武藤さんのように誠実なプレーヤーがいるとチームは救われると同時にモチベーションも上がるのでしょうね。
 斎藤選手のFB起用は一筋の光明が見えた気がします。これを機に、また神戸ならではの継続&展開ラグビーが見られるよう祈っています。
はうれっと
2004/12/26 18:51
林さん、神鋼勝利おめでとうございます。
私はテレビ観戦でしたが、良い試合でしたね。斉藤選手のFBにはビックリしました。でも、いつも神鋼は大きな試みをしてきたチームですから、驚くこともないのかもしれませんね。
「勝ちにいく姿勢」がファンにも伝わります。
試合後、選手のみなさん爽やかな笑顔に包まれていました。
やはり、神鋼はこの笑顔でいてほしいと願っています。
「大元よしき」です。
2004/12/26 22:48
こんばんは、林さん。
先日は丁寧なレスをいただきましてありがとうございました。

私も久しぶりに神鋼らしい勝利が観られて
気持ちがよかったです。
斉藤裕也選手がFBで出ると知ったとき
とてもワクワクしました。
そんな風に期待を持てる、
彼なら何かをしでかすかもしれない、
といった気持ちにさせる
数少ない選手ですね。
あの「ガッツントライ」はしびれました(笑)。

大畑選手の2トライもカッコよかったです。
解説の方が仰っておられましたが
やはり大畑選手にはディフェンスより
アタックで走る姿が似合いますね。

残りの試合も、楽しみにしております。
Keiko
2004/12/27 22:35
皆さんコメントありがとうございました。
トップリーグの導入でシーズンも長くなりチームづくりも大きく変わってきました。
以前は社会人大会、全国大会に向け11月12月とチームをまとめ、1月にピークを持って来ればよかったのですが、今はシーズン中気が抜けません。最初から最後までベストの状態をキープするのは、精神的にも肉体的にも大変な事だと思います。また激しい試合に、怪我などのアクシデントもつきものです。しかしそれができる本当にタフで強いチームしか勝てなくなってきたのでしょう。
ここに来て神鋼もやっと調子に乗ってきました。調子が出るのがちょっと遅くて、日本選手権出場が厳しくなってきましたが、ヤマハ戦を快勝し、マイクロソフトカップで優勝して欲しいものです。
引き続き応援よろしくお願い致します。

2004/12/29 15:19
林さん、初めてブログを拝見させていただきました。
先日の応援バスに同乗していた者です。
試合の内容もさることながら、私は、帰りのバスの中の林さんのお話にとても感動しました。戦略的入れ替えだの、体力の配分だの、作戦だのといろいろな知恵のついてきた最近のラグビー界にとって、またその観客にとって、忘れかけていた『ラグビーの芯』というものを思い出させていただけるお話でした。そうだなあ、本来ラグビーは、走って走って、ぶつかってぶつかって、仲間と一体になって、それが楽しい、熱い熱いスポーツなんだ。だから、私たちも魅せられるんだなあ、としみじみ感じました。
足掛け25年、小さいころから神鋼のファンをやってきて、自分では言葉にできなかったラグビーの面白さ・楽しさに、改めて気づいた時間でした。そして、そんな林さんがいらした神鋼ラグビー部だから、好きになったんだろうと。
本来なら、講演料をお支払いしてやっと聞けるようなお話ですよね。熱い、熱いお話とお気持ちを、ありがとうございました!
とっち
2004/12/30 00:18
とっちさんコメントありがとう。
そう言ってもらえると、バスの中で話したかいがあります。
何かを伝えようと思うと、こちらもその気持ちで話しなければなりません。
ちょっとした差、例えばタックルに行って指先が引っかかるか、かからないか、
この差をどう伝えるか、この差を伝えるには結構エネルギーは使うのですが、
伝わった時、感じてもらえた時は嬉しいものです。
それでは今後共スティーラーズをよろしくお願いします。

2004/12/31 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
神鋼対サントリー 林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる